FC2ブログ

タカラのオフェリアって?

 2020-04-07
最近、気が付いた事があります。
システムキッチンの標準として「タカラスタンダード製オフェリア」を
採用しているハウスメーカーが意外と多いです。

でも、ショールームに行ってもオフェリアは見当たらない。
システムキッチンのラインナップの載ったパネルにも掲載されていない。
そんな事ってあるのでしょうか???

013c2dda0ef5ee6c2f23d97c9a7c36bf48b32276d3.jpg

あるんです!
実際にオフェリアは今も存在しています。
別室に展示されているんですよね。
なぜそんな仕組みになっているのかは お会いした時に解説いたしましょう。

でも、ハウスメーカーはどういう風に説明しているのかな?
「ウチのお客様は お得な商品を特別に買えるんですよ~、だから隠してあるんです」
と言う説明なんでしょうね、きっと。

でも、タカラさんは本当は「レミュー」シリーズを売りたいんだと思います。
グレードアップしてくれるのを待っています。
01a7f8b73a08d3a24db571ba1928076144ac62e54a.jpg

フルモデルチェンジして名前の変わった「トレーシア」
012d9f724276c5ebe903321c9fd2945a9dd9d5368d.jpg

ミーレを組み込めるのはレミューだけです。
017b2db571e71214244b99f13a6a548134f003467c.jpg

タカラのシステムキッチンを採用するなら
扉もホーローにしたいですよね~
0143998b984742952c110a015583a8f7e66856a4f0.jpg

ウチの事務所もオフェリアを売ってもらえるかもしれません。
(年間受注棟数がそれなりに多いので)
でも、システムキッチンには拘って頂きたいので
お薦めするならレミューかトレーシアです。

長持ちするので良いモノを選んで頂きたいです!(^^)

PS:タカラの製品は定価が安いですが 値引き率は渋いです。覚えていてください。
 
カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

当事務所について書かれたブログを発見!(^^;

 2020-04-04
当事務所にていて書かれたブログをは発見!
あまり、見つけたくは無かった~(^^;

とりあえず
リンクを貼っちゃうぞ~
作者さんを叩く事なんてしませんよ(^^)


わたくしの文面はきついですかね(^^;
ただ、建築業界っていやな所が沢山あるので
どうしても言っておきたくなるんです。
施主さんに対してだけでなく、建築業界で就職する人に参考としてもらいたいです。

このブログの中に
「CONCEPT建築設計は建築コストが異常に安い。なにか裏があるのかな?」
と言う文章がありました。
折角なので、それについてコメントしましょう。

コストが安い理由を列挙します。
①分離発注なので 利益率で銀行さんに突っつかれない
  一括請負のハウスメーカーは 決算の時に業績を取引銀行さんのチェックされるのです。
  利益率が下がっていたら「大丈夫ですか?なぜ利益率が下がったんですか?」と
  質問されるので、それはけっこう嫌なんですよね。
  分離発注の場合は売り上げの大部分が設計費なので 利益率はめちゃ高くて気が楽。
  ちなみに、一括請負の場合、会社の運転資金がものすごく必要となります。
  受注をし過ぎても資金がショートして倒産する業界です。
  分離発注方式は資産の少ない私にとって とってもメリットがありました。
②事務所の業務報酬を提示するので MAX600万円ぐらいまでしか言えない
  ハウスメーカーは利益を隠しているので 大きな家だったら1000万円でも
  利益をあげる事が可能です。
  でも、ウチは利益を算出してお見せするので そこまでの金額は言えません。
  絶対に嫌味を言われますので(^^; 
  あと、一般的な給料の方にも高気密高断熱の家に住んで頂きたい!と言う思いがあり、
  そういう価格設定になるように計算式を作ってあります。
➂それなりの棟数を建てているので、メーカーさんも安くしてくれます。
  今は年間30棟ほど建てているので 一目置かれています。
  設備機器やサッシ、それに建材はかなり高額な物を採用する事が多いので
  売上金額を伸ばしたい業者さんにとってはメリットがあります。
④私の向学心と知識
  社会人になって就職した東証一部上場のデベロッパーは
  木材卸し、建材卸し、マンション建設、そして分譲地開発をする会社でした。
  そこで、建材の卸価格や木材の卸価格、工法などの知識を付けました。
  そして、金沢のハウスメーカーに転職し高気密高断熱の知識を付けました。
  これらの知識をベースに業者さんと価格交渉をしています。
➄営業職は必要なし、広告宣伝費も極小
  受注が取れているので、要らないでしょ。

これらが安い理由です。

でも利益はそれなりに上がっていて
設計スタッフには高額の給料を払っております。(^^)/

さらに精進しますので、よろしくお願いいたします!

PS:
 作者さんはウチと契約した方ではないでしょうね。
 もう一度建てるときは よろしくお願いいたします!(^^)/

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鳥山明のイラストはいいね!

 2020-04-02
尊敬する建築家はいません。
でも、鳥山明は尊敬に値する。(^^)

という事で 「鳥山明イラストレーションズ」を入手しました。
30年前に出版されたものらしい。
015174fcd0062751c7951588dd99bf0065a543a5c6.jpg

メカを想像して描くのは楽しいですよね~
013f2a1a1af532165ada52d8de4a0f8c681356e3a6.jpg
Drスランプと出会ったのは中学生の頃ですね。
自分も絵を描く仕事に就きたい!と、強く思いました。

車をディフォルメして描くのも楽しいんだな~これが(^^)
01bbdbbe542ee52d15a4a734ee7b6fb4e35d600786.jpg
リベットや ワイパーや ミラーのステーを描くのは楽しいよね~

ヘルメットの形状、色彩感覚、ロゴの感じが素敵です。
0117c2c1a816e0361027f3e4cc6a8429ca18d4c06f.jpg

時間が作れるようになったら イラストを描いてみようかと思う。
ネタは色々ありますので(^^)

自分のこだわりで、ファーストプランは手描きです。
シャーペンの2Bで下書きして、サインペンで壁とかサッシを書き込んで、
さらにシャーペンでハッチを記入して、コピーする。
それに、色鉛筆で淡く色をつけ、ティッシュペーパーで軽くふいて柔らかい感じに仕上げる。
この作業が とっても楽しいのです。(^^)

この本によって、インスパイアーさせて頂きました。
コロナに負けず、頑張って働きますわ!

PS:ただいま、安彦良和のイラスト集もオークションで入札中!

カテゴリ :プライベート トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カッコいい曲だねえ

 2020-03-31

カッコいい曲ですね
スピード感がたまりません

この曲をリピートして聴いたら
プランを描く手が進みますわ (^^)
 

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

この地盤、地盤改良不要ってホント?

 2020-03-31
金沢市上荒屋の付近では 
私の自宅と社屋2棟、スタッフの家、お客様の家3の計7棟の建築実績があります。
あまり強い地盤とは言えないので 全ての現場で柱状の地盤改良を行いました。

ある方から、この地盤調査のデータを預かりました。
ぱっと見て「柱状改良3mが必要!」と思いました。

013ad502eb5d0b3e44779f24d15e793f724a7043f2.jpg

換算N値が3.0に達していない層が 
深さ1.00m、2.25~2.50m、それと表層に見受けられます。
「深さ2.75mあたりに柱状改良のパイルをぶつけていきたい。」
と、考えるのが普通です。
おそらく、大多数の地盤調査会社はそう言う判定をだすでしょう。

でも、このデータで「地盤改良不要!」を出す調査会社もあるのです。
施主さんの支払う費用を抑えるため?
それとも、ハウスメーカーが受注しやすくするため?
もちろん後者ですね。

あえて、地盤改良判定を出さない調査会社を選んでいるのですね。
沈下した場合に復旧する為の保険には入っているようですが、
大地震が来た時には液状化が怖いです。
工事費は40~50万円程度なので 私だったら改良をお勧めいたします。

考えてみれば、かつて改良判定を出さない地盤調査会社とも付き合いがありました。
でも、明らかに改良した方が良い地盤に「地盤改良不要」を出してきたので
それ以来、付き合うのをやめました。

確かに、地盤改良工事はハウスメーカーが利益を載せやすいので
かなり利益を載せてくる場合もあります。
原価65万円を施主さんには140万円で出していた事例もあり。
(施主さんに原価がバレにくいから)
だからと言って、改良工事費を節約させるのも どうかと思います。

当事務所は現在4社の地盤改良業者と付き合いがあります。
そして、少なくとも2社に地盤調査データを見てもらいます。
各社の改良設計をチェックし、入札を掛けて適正金額をはじき出します。

こんなやり方ですが、いかがでしょうか?(^^)

施主さんが求めているのは 適正な工事を行うための助言だと思います。
期待に応えられるように 頑張ります!

PS :
 家づくりを成功させる為に こつこつと勉強するのも良いですが
 もっと大事なのは、適切な助言をできるアドバイザーを見つける事です。(^^)/ 

カテゴリ :地盤改良 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫