FC2ブログ

高気密にした方が良いと思いますよ!

 2019-06-25
高気密高断熱住宅のC値は 0.5c㎡/㎡をクリアしたい。

サッシや玄関ドアは多少隙間があっても良いのです。
しっかり気密を取りたいのは 給排水管の断熱材貫通部、コンセント周り
そしてユニットバス区画の気密断熱です。

解説のために 気密を取っていない家の断面図を描いてみました。
(あえて手描き)
0185e4c6fb6dc1002cb3730eee8d96b0c74fef921d.jpg

気密測定をしない家(もしくはC値1.5を確保できない家)はこんな感じです。

床の断熱材をくりぬいて配管を通しますが、この状態で仕上がりです。
当然ながら、隙間から冷気が侵入してきます。
(もちろん、いろんな虫たちも上がってきます)
そして、冷気はキャビネットと床の隙間から流れ出てきます。
こんな構造だから 足元が寒いのです。
同じことは、洗面化粧台やトイレ手洗い器でも言えます。

しかも「ジメジメしそう」と書いた部分は
室内の温かい湿った空気と 外気の冷たい空気が触れ合いますので
結露を起こしやすい空間となっています。

この空間、あの茶色の虫にとってはとっても快適な空間です。
湿気があるし、温かいところもあるし、食べ物は沢山あるし。

ちなみに、私は高気密高断熱の家に17年住んでいますが
茶色い虫を発見したのは7回ぐらいです。
おそらく外部から侵入したものと思われます。
繁殖はしておりません。(^^)/

今回はシステムキッチンの断面を描いてみましたが
ユニットバスや玄関周りの断面図も 解説の為に描いてみたいです。
(ユニットバスは前に描いた事あり)

気密をしっかり取るか、それとも取らないかは
施主であるあなたが判断してください!(^^)

PS :
 どうせなら 生活スタイルが変わってしまうぐらいの新居に 住んで頂きたい!


カテゴリ :断熱材 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

10年前のアイシネンが見れますよ!

 2018-11-29
当事務所の点検口を開けると 10年前に施工したアイシネンを見ることができます。
紫外線が当たらないので、劣化は無いですね。

01e509d7a0f77cdd59e38ce2eea84e6cc1558ecfdf_2018112912065667b.jpg

「現場発泡断熱材」を否定する設計士もおりますが、
良い商品を選べばまったく問題ありません。

私は、「ダイライト+アイシネン」の家に住んでいますが
「パネル工法」の入れにも かつて住んでおりました。
「気密シート+グラスウール」の家に住んだことはありません。

「気密シート+グラスウール」は材料費が安くつきます。
でも、大工さんの労働日数が増えます。
これは、工期が伸びるので嫌です。
複雑な形状の家や下屋の多い家では、気密が取りにくくて嫌です。
気密シートを繋ぐ位置に気を使うので嫌です。
電気屋さんの施工も面倒になるので嫌です。
屋根断熱も施工しにくいので嫌です。

と言うわけで「気密シート+グラスウール」で家を建てる気は 今後もありません。

ちなみに 現場発泡も色々ありまして
現在は3社の製品がシェアを取っていおります。
中には、訴訟を抱えたメーカーさんも存在します。

当事務所としては 19年前にアイシネンを初めて採用しました。
そのころ、国産の現場発泡断熱材は大したものがなく
木造住宅への施工事例は極めて少なかったです。
そこで、カナダで開発され、実績も多かったアイシネンを選択いたしました。

コスト的には国産より3割ほど高いですが、要となる建材なので
あえて良いものをセレクトしました。(^^)

ハウスメーカーや設計士は色々言ってくると思います。
でも、本当に知識と経験のある人は少ないです。

失敗しないように、お気を付けください!m(__)m


カテゴリ :断熱材 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

セルロースファイバーについて

 2015-12-03
セルロースファイバーはアメリカ発祥の断熱材です。(確か北米)

アップルゲート社のセルロースファイバーが有名で
建材展の展示会でも見る事ができました。

セルロースファイバーと一言で言っても
本場アメリカでの施工方法と 日本での施工方法は全く異なります。

アメリカではツーバイフォーの壁合板に室内側から吹き付けします。
そして、室内側にあふれた物を削る感じでしあげます。
セルロースファイバー自体に接着性を持たしてあるので
現場発泡と同じ感じの施工方法になります。

それに対し日本での施工方法は
外部に張った透湿防水と 室内側に張った不織紙の間に吹き込みをします。
不織紙に穴をあけて吹き込むのです。
スジカイやコンセント等も入っていて 均一に吹き込むのは難しいと思いますが。
営業さんに 
「これって、そのうち下の方へ沈みますよね?」
と聞いたところ 
「沈みません!」 と言い切りました。
そのとき、ダメだこりゃ!と思いましたわ。^_^;

重力があるんだから、多少接着性があったとしても、絶対に下がるに決まってます。
営業的に100%と言い切ったらだめですわ。
「絶対に落ちません。落ちたら全額返金いたします」と念書に書かすぞ!

ちなみに 金沢にセルロースファイバー押しのハウスメーカーがあるんですが、
そこの設計士さんが自分の家に採用したのはアイシネンです。
自分の家には 本当に良いモノを選んだわけですよ。
会社の仕様はあくまで、家と言う商品を売って利潤を上げる為の仕様ですから。

それと、セルロースファイバーの金額は現場発泡と変わりません。
古新聞紙のくせに結構高い。^_^;

高気密高断熱のニーズが確実に伸びているので
単体で気密の取れないセルロースファイバーは すたれて行くと予想されます。

参考になさってください。

PS :セルロースファイバーについて ここまでの知識はあります。(^^)
カテゴリ :断熱材 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫