FC2ブログ

美しく見える屋根の勾配

 2019-10-12
この屋根の勾配は 美しく見える3寸勾配です。
(横に10いって、上に3いく 勾配になります。)

013264f6326ddb956ba12de2971208a6b84aa619d7-001.jpg
平屋風の2階の2連の窓も良い感じです。
屋根材はDECRA(石付き板金屋根)を採用。

洋風の場合は4.5寸勾配を採用する事が多いです。
4寸勾配に比べて わずか0.5寸の違いですが イメージはかなり違います。

全国規模のハウスメーカーが標準とする5寸勾配は使いません。
隣地への雪落ちを考慮すると 5寸はだめですね。

この、引き違いの窓の上に FIXの窓を組合わせた「窓」は効きます。
空の見える気持ちの良いリビングになる事でしょう。
景色がすでに想像できます。(^^)
01b00fbe142151c10965731a3a6e51d1cdf44a73be-001.jpg

開放的な家ですが、耐震性もばっちりです。
建築基準法の1.8倍をクリア(雑壁は計算に入れずにクリア)
「制震テープ工法+ダイライトMS+スジカイ」を組み合わせた耐震構造になっています。

今の家は台風で瓦が飛ばされても 雨漏りはほとんどしません。
防水紙が損傷を受けなければ、雨はほぼ漏らない構造になっています。
昔の家が使っていたアスファルトフェルトは テキトーに施工されているケースが多く
劣化もしていくので 雨が漏ります。
(ちなみに劣化の原因は結露でしょう)

美しく 強く メンテナンスが楽な屋根を目指します。

PS :アスファルトシングルとコロニアルは 採用しない事をお勧めします。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

平屋(風)の住宅です

 2019-10-08
金沢市で建築中の平屋(風)住宅です

完全な平屋にしてしまうと小屋裏空間がもったいないので
階段と小屋裏部屋を付けましょうよ!
と提案しております。(^^)

01dda920862a7f52f897af463217e4146a5efe4208_20191008010401d9c.jpg
この、センターの窓は良いんじゃないかな!
とっても開放的で!

平屋は「高価」というイメージがあると思いますが
外壁面積が小さくなるので 思ったほど高くはありません。
「このくらいの金額だったら平屋(風)の夢が叶えられる!」
と、良く言って頂けます。

0186f87367cc960e73369f25ff21e5888ace3559bc_20191008010217d62.jpg

リビングは勾配天井で天井が高く、広々とした空間になります。
0172534a9baf66bb4aa9d81b33587092bc5efb4bba_20191008010218ab5.jpg

平屋風の住宅はお好きですか?
実現可能だと思いますよ (^^)/

PS:
 こちらのT邸は
 基本プランは橋本、アレンジ設計は松中
 と言うコンビで設計いたしました(^^)

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

もうちょっとで完成

 2019-10-03
N-House

0184f17e1970dbc3d10c795bb0b8b436c5c0addc3b.jpg01c35a0146493c279a25a2f317875f6fa51883b294.jpg01659703851f2478b1c63c083b16ed4607fe1dd97c.jpg

完成が待ち遠しいです(^^)

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

雨を気にするなら 木軸在来工法(改良型)

 2019-08-27
Hat-house(小松市)

8月21日 建て方 初日
お天気は 雨時々曇り 
016dce3cbf28fe55485554698c3e987410ed8364e3.jpg0111766023a6f4723985476b653446613881130f54.jpg
建物が大きくて複雑なため
屋根の野地板まで到達できませんでした。

建て方から2日目
野地板および屋根のルーフィングが完成。
鉛直の雨はかなり防げるようになりました。
0143a16118d696067caae5dc18955d42b8af7f702f.jpg

建て方から3日目
外壁のダイライトMSを施工中。
01d904266f0a1a6f826d8b323e353d25310bef21d1.jpg

室内の床合板はほとんど乾いていました。
合板はあまり濡らしたくないの、嬉しいです。
0133b83cb8db9d5104c5cf4bd08a570ed9b9423b5c.jpg

べた基礎の表面には 結構な雨がたまっています。
建て方の前日と当日に これだけ降ったってことですね。
雨は全部抜いて、表面が乾いてから床下地合板を張ります。
0107aef5b4f59f3b6781854d25d4ce8930ee9278d6.jpg

ツーバイフォーの場合、屋根が掛かるまで8日間。
(ウチの近くの現場の事例)
雨対策のビニールシートによる床養生をしても
かなりの量が合板を濡らし、その下の繊維系断熱材を濡らします。
釘が打ってあったり、ビニルシートが破れていたり、ジョイントがあるので
濡れてしまします。

雨の多い北陸には 木軸在来工法(改良型)がお勧めです(^^)

PS:みぞれが降っていても大丈夫です。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ツーバイフォーの構造を知っておいて

 2019-08-14
北陸におけるツーバイフォーのシェアです。
(2019年3月の着工数)
在来工法に対してツーバイのシェアは 20分の1 程です。

01d37c90a42859735095c033d8731cb4e1c4656324.jpg

北陸にツーバイは向きませんが 施工している住宅会社もあります。

大手ハウスメーカー 
 Sハウス・Mホーム
フランチャイズ系
 Sホーム
地元ハウスメーカー
 Oホーム
アパート系 
 D建託

全国規模のハウスメーカーは 東京や大阪で建築する事をベースとして考えていますので
雨が多く雪が降る地方の事は 全く考えてません。
基本的に販売数を期待できないので あえてディーラー制で販売しております。

なぜ、北陸に不向きかと言うと、構造にあります。
組み立ては ①→②→➂→④→➄ のように流れていきます。
0120cee5ef93ae2106a264d4708750215360de7323.jpg

特に問題となるのは、①の部分です。
断熱材(グラスウールなど)を入れてから床合板を張ります。
この時点で 屋根は掛かっていないので 雨対策が必要になります。
ブルーシートを張って 雨が絶対に入らないようにしなくてはなりません。
グラスウールが濡れてしまったら 大変ですからね!
でも、それがなかなか難しいんです。

屋根が掛かるまでに平均2週間ほど掛かります。
その期間、雨に濡らさないように 気を使わなくてはなりません。
もし濡れてしまったら 大クレームになりますよね。

最近、ウチの事務所の近くで Sホームがツーバイを建て始めました。
床合板(床断熱は入っているでしょう)を張った状態でお盆を越しています。
ブルーシートを張ってありますが、薄いブルーシートを使っているし
ジョイントは隙間があるし 真上からビスを打って留めてあるので
水は入っているでしょうね。

ツーバイフォーを販売している会社のウリは耐震性能だと思います。
でも、在来工法にパネルが面材耐力壁を組合わせる事で
ツーバイフォーの耐震性能を超える事ができます。

あえてツーバイフォーを選ぶ意味は無いと思います。
選んでも良いですが、それは施主さんの判断でお願いいたします。

ハウスメーカーはディメリットを説明いたしませんので。

PS:
 実はディベロッパーに勤めている時、 白山市でツーバイを2棟建てました。
 冬の施工だったので 雪が室内に積もって ひどい目にあいました。
 屋根が1日で掛かる在来工法の方が 遥かに良いと感じました。
 一応、ツーバイもしっておる貴重な設計士より。(^^)


カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫