FC2ブログ

30年保証のサイディング???

 2020-03-25
先日、お客様がこう言われました。
「某ハウスメーカーから35年保証のサイディングを使用していると 説明を受けました」
それをお聞きして
「そんな商品はないですけどね。サイディングはそんなに持ちません」
とお答えしました。

020323att.jpg


結論から言ってしまうと その説明は「間違え」です。
ハウスメーカーの営業の知識不足です。

まず、
・このサイディングメーカーの保証の最長は30年
・サイディングの塗装に関しての保証であって、基材の保証ではない。
・このハウスメーカーが使っているのは 塗装の保証15年の物です。
何とも間違えだらけの説明ですね。


020323at (3)

商品名も上げときます。
これはメーカーさんの為に上げときます。

確かに30年保証とうたってますね。
塗装の変色・遜色30年と書いてはあるんですが、
建築主だけでなく、ビルダー(ハウスメーカーや設計士)も解釈を誤ります。
実際、このメーカーのホームページのどこかに従来品との比較があって
他社の商品は10年目で足場を組んで補修が必要、
それにこの比べてこの製品は30年間メンテフリーみたいに書いてありました。
(このページが何故か見つけられなくなった)

020323at (5)

この「30年保証」と言う言葉の意味を確認する為に 裏はとりました。
このメーカーさんとも付き合いがありますので
「これって凍害による損傷を30年保証するものですか?
 そんな耐久性のあるサイディングは無いと思いますけど?」
と聞いてみました。
担当部署に確認して頂き回答を頂きました。
その回答がこれです。
「保証されるのは塗装に関してだけです。
 北陸は気候が過酷なので 凍害による損傷は発生しています。
 凍害による損傷については免責事項として記載されております」

020323at (2)

確かに(18)に凍害による損傷は「免責ですよ~」って書いてありました。
でも、ここを読む人って少ないでしょうね。

サイディングメーカーの方には言いました。
「この表現はやめた方がいいです。
 誤解を招きますので、これが裁判に発展する事が考えられますから。」

実際、過去にこういう事例がありました。
別のサイディングメーカーの商品だったのですが
10年保証の高級品を使った現場がありました。
のサイディングが4年ほどで 部分的に凍害による損傷を受け始まました。 
対応策として、サイディングは1枚だけ張替えして、
他の部分はタッチアップで直したいと言うメーカーの回答でした。
でも、タッチアップした部分てもともとあった光触媒が無くなってしまいます。
さらに保証を一度使ったら そこで保証は終わってしまいます。
他の所も今後、間違えなく損傷をうけるでしょう。

そして、この家の施主さん(自分も)が決断したのは
「これは、製品の断面形状と塗膜、基材の総合的な設計ミスだと確信した。
 前面を張替えしないのであれば 裁判で決着をつける」
と言う事でした。
最終的には、サイディングを全面張替えしてもらいました。
190万円ほどのサイディングを 金属サイディングに張り替えました。

「騙すつもりが無くても 悲しむ人がいっぱい出る可能性があります。
 サイディングメーカーさんは 保証に関する表現には気を付けてください。」
とお伝えしました。

それにしても、ハウスメーカーの営業って・・・。
会話していても 時間の無駄だと思います。
(良い営業さんもいますが、ダメな営業の比率は極めて高い)

PS :
 施主さんには、セカンドオピニオンが必要だと思います。
 一つのハウスメーカーと話すのではなく 知識のある設計者と話すのは大事な事です。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「平屋風」完成!全館空調を搭載!

 2020-03-24
宝達志水町のN邸が完成いたしました。

スーパーガルバ(塗膜の耐久性がアップした最新のガルバ)を使っているので
このダークグリーン色は 今までの製品より色が深く感じます。
01a669dc9342ec5b2bd3214f57b622d195b9e2c355.jpg

この「家」はダイキン製の最新型全館空調を搭載しております。
このシステムのコストパフォーマンスはかなり高いです。
(あえて入り値は書かない)
早く冬の使用感をお聞きしたいですね。

サッシはトリプル樹脂サッシのAPW430
玄関ドアはイノベストD50(樹脂枠)
システムキッチンはクリナップ製CENTRO
壁はダブル断熱(アイシネン+フェノールフォーム)
そして全館空調と言った仕様です。

建築に詳しい複数の友人の方が この家を見学をされて
「メチャクチャ良いのも使ってるね~ 4000万円以上したんじゃないの?」
と感想を述べられるそうです。
でも、そんなに高くはありません。(^^;
ウチの利益が地元ハウスメーカーの半分程度だからですね。
しかも、仕入れ価格もかなり安いですから!

01064f89067febb4de7c31de566acb0911d60408c5.jpg

こちらのクライアント様は 建築日誌のブログを書いておられ
先日は20万アクセス(一日に)あったそうです。
何ともスゴイ数値ですね(^^;

引き渡し後も 長いお付き合いをお願いいたします(^^)

PS:
 平屋風はCONCEPT建築設計の売りの一つです。
 設計料の算出の仕方なのだろうか
 ハウスメーカーと比べるとかなり安いです。(^^; 

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

改築での高気密高断熱化は難しい

 2020-03-10
「改築で高気密高断熱化はできないですか?」
と、複数のご相談を受けました。
色々考えてみたのですが やはり難しいです。

矩計図を見るとそれが分かります。
オレンジ色に塗ったところが 特に気密施工が難しい部分です。
どう考えても 作業ができるほど手が入れられません。
017ff63670c71e17d3c715aa4026979582d4ae2fbc.jpg

床下断熱は既存の断熱材を外して アイシネンを吹き付けるか。
でも、浴室周りはかなり難しい。
天井断熱にアイシネンは厳しいので 屋根に吹き付けるか。
通気層を殺さずに施工するのは難しい。
壁断熱は外壁を外して ボード状断熱材を外張りするか。
既存の柱梁の凹凸が気にはなるが、これしかないだろう。

サッシは外して交換する事もできるが 昔とサイズが違うので
全部が特注となるかもしれない。
それか、既存の窓より少し小さくする?
室内の壁も傷めてしまうので、ある程度の直し工事が発生すると思われる。

気密性能は保証できません。
目標数値をC値2.0ぐらいに設定したとして
それをクリアする為に 延々と直し工事を続けるのは辛い。

断熱と気密をある程度改善したとしても
地盤と基礎を改善する事はできない。

仮に30年前の家だと想定しましょう。
コンクリート強度は?
鉄筋の太さは?異形鉄筋?補強筋は?被り厚は?
アンカーボルトは?(ホールダウンは存在しません)
建物自体の木軸構造も改修しないと弱いでしょうね。
大きな地震が来たら アウトだと思われます。

高気密高断熱化の改修は極めて難しく
コストも時間も掛かります。
可能であれば、建て替えをお勧めいたします。

ps:新築の高気密高断熱住宅に匹敵するものは造れません。




カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「平屋(風)の家」建築コスト検証用プラン 

 2020-03-06
タイトルの通り
「平屋(風)の家」建築コストを検証するためのプランです

一般的に「平屋は高価!」と思われています。
実際、ハウスメーカーの「平屋」の見積もりは かなり高額になるようです。

でも、実際に積算してみると 平屋風は大して高くないのです。
確かに、屋根や基礎、屋根断熱、床断熱は増えるのですが 
外壁面積は少なくて済むのです。

あきらめずに、検討してみてはいかがでしょうか?

01b2bef766e359663bf3ec6111790d17c45668de0a.jpg

平屋(風)の家の施工例は多数あるのですが
やはり
「この間取りでしたら 建築費は2200万円で建てれます!」
と言い切りたいです。
(例えばの話ですが)

言い切るために、この検証用プランを作成し
CAD入力してから 積算に入ります。
いくらで建築費が出てくるのか 私も楽しみです。
ご期待ください。(^^)

PS:
 このプランの家事動線はかなり良いです。
 土間収納やファミリークロゼットも取り入れてあります。
 このまま建ててしまっても 良い感じの家になりますよ。(^^)

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お手頃価格のナラ(オーク)のフローリング

 2020-03-05
お手頃価格のナラ(オーク)のフローリングと出会いました。
なんと!価格は標準のカバザクラ無垢フローリングと同じです。

無垢ですが積層構造の商品です。
表面は3mm厚となりますので、表面の削り直しも可能。
仕上げはオイル塗装済です。

012c5dd3ad916c61bd22f0f9a5d38e266266fe9817_2020030512430646a.jpg

このサンプルしか 手元にありません。
長い状態のサンプルが早く欲しいですね。

ちなみにオーク無垢フローリングの金額は 坪当たり4500円ほど高いです。

良いモノが発売されたら内容をチェックし、可能な限り早く導入する。
それがウチの「ポリシー」です。(^^)/

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫