fc2ブログ

新事務所をサーモグラフィーで見る!

 2021-12-31
サーモグラフィーで温度分布を調べてみよう。

ガラスの表面温度を測ってみます。
トリプル樹脂サッシのガラスは22.4度。
今回はクリプトンガス仕様なので 少しだけ効果がありました。
01607ec4b70d016d120888b752c98b214417dc7906.jpg
サーモグラフィー越しに写すと良いですね。
どこを写しているのか分かりやすい!

樹脂枠の温度も少し高い 18.3度。
枠の中にウレタンボードが入ってますので 少しだけ効果があるみたいです。
01f5bc472149997397ef8d585145f10ea59cecb635.jpg

壁の温度は 21.6度。
ほぼ室温です。
012f75cff462c83af37866e7df3abd2dd451f2a4d2.jpg

床の温度 22.4度。
床下エアコンなので いつもより ほんの少し温度が高い。
床下の温度をもう少し上げても良いかな。
01b3aa167cd3c6196d51232dde7f0bc678d2a0e98b_20211231035842ed6.jpg

床スリットは新しく発売された大き目のやつです。
でも、樹脂製のスリットの方が暖気を通しそうです。
今度、実験してみます。
01ec36b893117ae703529dcd88d8ba4c2102b79b32.jpg

床下は27度あります。
もう少し温度があっても良いかな。
01f969a54641f5ae40cb04a535d1caf56d772abd0b.jpg

新しく買ったサーモグラフィーは 画面も大きくなかなか良いです。
ただ、カメラのボタンが固いので 撮影には向かないです。
シャッターを切るときに 力がいるからブレるんですよね~。

通常の暖房、床下エアコンの暖房、全館空調の暖房、そして床暖房
クライアント様に最適な方式をご提案いたします。

個人的には 床下エアコンを極めたいです。

PS:年明けから床下エアコンのチューニングに周ります。

カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

サーモグラフィーを1台追加しました

 2021-12-09
今までは iPhoneに取り付けるタイプのサーモグラフィーを使っていました。
でも、それだと自分専用みたいになってしまいます。

そこで みんなが使いやすいと思われる カメラ型を一台購入しました。
お値段は まあまあします。
0189f7cbf28b637822976cf080e780cd143df80399.jpg01c30e77940676ae0dfbd308f211d9e65172e793e2.jpg

メーカーは定番のFLIRです。
011ce3ca0a22749f357cc9d47ffab1b34b29ec9702.jpg

サーモグラフィーを使って 温度の分布を知る事はとても大事です。

土間の温度ってどのくらいなの?
引き違いサッシの下枠って何度になるの?
自然空気口から冷気はどのくらいはいるの?
樹脂サッシの枠はどのくらいの温度になるの?
これらを全部知っていてこそ 高気密高断熱の設計者と言えます。

寒い家は どこから冷気が入っているのか?チェックするのも楽しいですよ。(^^)

PS:私達、本気で高気密高断熱の家を設計しています。

カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

第一種ダクトレス換気システム ブリザード時の状況

 2018-01-26
当事務所の別館で採用した 第一種ダクトレス換気システムです。
外は強風が吹き続けている状況です。

どの程度熱交換が効いているのか サーモグラフィーでチェックしてみましょう。

014a6e620aae6e6406a1395c1ef6ac6e1c5845d80e.jpg 

機械のすぐ下の壁で20.5℃です。
熱交換が効いています。
(壁のブルーは極端ですね。20.5℃なので暖かい色で表示してほしい)
20180124T162425.jpg 

2台で1つのシステムとなります。
片方が給気の時、もう片方は排気として動作します。
01c8837caf81cf1ddea554062414a994714687c65e.jpg 

強風が吹き付けるほうの機械のすぐ下は8.3℃。
思っていたよりも温度が低い。
20180124T162809.jpg 

どうやら、排気能力が強風に負けているようです。
確かに、最初確認した時は排気能力は「弱」で運転してました。
真冬に強風が吹いている時は「強」運転にすべきかもしれません。

ちなみに「強」で運転すると まったく冷気の入っていなかった方も
このように温度が少し下がりました。
20180124T163041.jpg 

第一種ダクトレス換気システムは ブリザード時に弱点を示しましたが
しょっちゅう強風が吹いているわけでもないので
うまくコントロールしてやれば良いと思います。

ついでに、木製断熱ドアを見てみました。
20180124T162503.jpg 

ドアの中の断熱材と木の桟がクッキリと見えます。
気密性能は高い製品なのですが ドア枠の下の方がちょっと冷たいです。
基礎の温度、外部の雪だまりが 影響しているようです。

サーモグラフィーはとっても役に立ちますね。

CONCEPT建築設計は ストックしたデータに基づき
できる限り真実をお伝えしたいと思っております。
頑張りますので よろしくお願いいたします。

PS :私は頭の固い人間ではありません。むしろ柔らかいほうですよ(^^;



カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

サーモグラフィーで実験

 2016-02-17
2月16日、外は雪でした。
気温は1℃。
1-01fa605d8bcabab672f27f275741bb3e36ec3c86d1.jpg

UA値0.34W/㎡Kの家の室内は無暖房で8度でした。
1-01744fd7042bc84837a174810f02b059977ac4675d.jpg

この家にハロゲンヒーターを置いて4時間後、
室内温度は12℃に上昇。

トリプル(3枚ガラス)樹脂サッシの表面温度を測る。
表面温度が13℃。
輻射熱の影響で少し高いようだ。
1-01653205d517c1f61fde0cac506471b8b31a825f29.jpg

樹脂枠の表面温度は10.9度です。
室温が12℃なので そんなものでしょう。
1-01263f50dd7b0aaf6b3af62a93f0f8e51667dfb484.jpg

外壁面の壁の温度は12.9度。
1-015747bea6f68dba38f0e1ad273cd030d933691867.jpg

もっと輻射熱の影響を受ける壁は15.9℃ほどありました。
1-015fdac25a8c0820f95fff854245b19c6371ff43f4.jpg

床にある通気スリットの奥は10.7℃。
この家は エアコンを使い床下から暖めるので 問題はないでしょう。
(今はエアコンがついていない状態です)
しかし、床下にエアコンを計画しない基礎断熱では ここが冷気だまりになってしまいます。
基礎断熱にするなら、床下エアコンにすべきですね(^^)
でも、ディメリットもありますので注意してください!
1-01e5d2fd4355d0d7688b603fe9fb5ab1c60b074fe4.jpg

もうじきエアコンが動くようになりますので
実験するのが楽しみです (^^)

こう言った実測値をもとに設計を行っているハウスメーカー&設計事務所はほとんどありません。
なんの根拠もなく、もしくは受け売りで説明している設計士が大半です。

それに対し、CONCEPT建築設計は いろいろ実験してみます。
真実が知りたいですからね (^^)

是非、他社のエース級設計士の言うことと 比較してみてください。(^^)/

PS :
 ちなみに 私は頭が固い人間じゃないです。
 ちょい、実験好きなだけです! (^^;

カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トリプル樹脂サッシは過剰性能ではない!

 2016-01-19
自分用のサーモグラフィーを入手したという事で
さっそく実験をしてみました。

こちら、シャノン製のトリプル樹脂サッシです。
ガラス表面は22.2℃
ギャラリー内の室温は24℃です。
1-01506c11a12d6531b86abc78f9a2462bdeea7d008a.jpg

樹脂枠は17.8℃ 
ガラスより温度は下がります。
樹脂複合サッシはここが弱いんですよね。
1-0183e6ce5c832a1807884bc34ca429b8910c9334ba.jpg

ちなみに外壁面はきっちり熱を蓄えています。
ちなみにダブル断熱の仕様です。
1-0108022dea293b879385cdb559d505abdc4b66e419.jpg

第三種の給気口周りを計ってみます。
外気が流入してきますので 樹脂のカバーは18.2℃ほどでした。
1-01a1610869775b1d49f00c3841b31009bcbbc7ea20.jpg

基礎部分は19℃
40mmの外張り基礎断熱ではこの程度です。
室温よりも5℃低い感じです。
やはり、土間の断熱性能は落ちますね。
1-01e7c1aedc21ad1edc52644bd67db62c84b66666b4.jpg

良心的ではあるが知識の足りない設計士はこう言います。
「北陸でトリプル樹脂サッシは過剰性能でしょう、
 ペアの樹脂サッシぐらいで充分だと思います。」

体感したり、サーモグラフィーで見たりしないと なかなか分からないからね (^^;

価格も安くなり、動きもスムーズになり、バリエーションも増えました。
建築費の0.9%程度の投資でペアがトリプルになるのです。
採用しない理由はないでしょう!と思います。

一緒に「少し未来の家」を考えましょうよ。(^^)

PS :
 「技術屋に相談したい!」と言う方は是非おいでください。<(_ _)>

カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫