FC2ブログ

洗面カウンターのバリエーション

 2020-03-27
最近、TOTOやLIXILではないメーカーの洗面カウンターをよく使います。

素材のバリエーションが豊富なのがポイントです。
流石、素材を作っているメーカーです。(^^)

01daf5441eeba29cf72c142f76fb294d448492546a-001.jpg

ディスプレイの仕方は今一つですが
実物を3種類見れるのは ありがたいです。

01d2ad08579160a3f32838623dc3b63af6b97f085a-001.jpg

ツーボールも可能です。
デュポンコーリアンも可能です。

良かったら 採用をご検討ください。(^^)

PS:詳しくはスタッフに聞いてください!

カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ウッドワン・スイージとミーレ

 2020-03-16
ウッドワン・スイージとミーレ(記念モデル)の組み合わせです。

あえてシンク下をオープンにして、ごみボックスを置けるようにしました。
このキャビネット構成を選べるメーカーは少ないです。

ミーレの記念モデルも綺麗に収まっていますね(^^)
014e386fe22db80bb1813a60c729a6ab42bceb4fef.jpg

ミーレはウッドワンのオプションではなく、ミーレのルートから仕入れています。
それをシステムキッチンを組んだ後に組み合わせています。
これが、好きな機種をお安く入れるテクニックです。

食器棚もウッドワン・スイージです。
この商品はなぜか掛け率が低いので 意外とお安く採用できます。
面材は耐水加工済の無垢板です。
010ba23d3b389ecb7b63130b55ad24273ff7eb43de.jpg

天板はステンレス(バイブレーション仕上げ)をチョイスされました。
01bc2295ef6d6a021744dca9177dfab0e113175387.jpg

シンプルでありながら 高クオリティの調理場となりました。
良い感じです (^^♪

PS :
 これらの写真は 
 傾きを調整して 明るさを調整して コントラストを上げて 周囲を暗い加工にして 
 と、意外に手間を掛けて仕上げています。
 写真加工は私の拘りなんです (^^)

カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

良い感じの洗面台カウンター

 2020-03-15
最近、良く採用している 感じの良い洗面台カウンターです。

デザイン的にしつこくない所が良いですね。
造作家具ではなくサーズオーダーの既製品となります。

01f4cafe30bd209dc5ff0ab5ddcb27f8a8274eea0a_20200315233926cc8.jpg

現場施工のモザイクタイルが生かされてます。
アンダーカウンターのボールの場合、この人造大理石が使いやすいですね。
0199a5327ec9289d4c9e2ed650e9d94b9701bf2429.jpg

収納もしっかりと確保されています。
014c6686cbdcf0e53ae3b9324b0968cea1d0ab02e4.jpg

ツインボールの洗面カウンターも簡単に作れますよ。
お値段もお手頃だと思います。

どこのメーカーかはスタッフに聞いてください。(^^)/

PS:
 ブログの写真撮影と加工は橋本本人が行っております。
 映像と画像についてはこだわりがあるんです(^^♪

カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お買い得なミーレ

 2020-02-04
ドイツ製の食洗器メーカー「ミーレ」
この120周年記念モデルが人気です
安いですからね!

0114ad19813d4230a88386d85dc3000199174e6a86.jpg

定価が18万円とかなりお安い価格設定
乾燥させる為にパカッと開く機能は省略されてます

010d1c29007294f5c3c57be18c8eb03d3268bb09fd.jpg

発注は4月いっぱいまで、基本的には納入は5月まで
(でも、ムリ言って夏まで預かってもらいます)
商品の台数は限られているので 無くなり次第終了です。

お客様の要望で すでに10台以上確保いたしました。(^^)

設備機器にも 当然拘ります。
よろしくお願いいたします(^^)/

PS:ミーレがうらやましい。

カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

エコキュートが11年目に故障!

 2019-09-03
11年面にして エコキュートが故障
三菱製のエコキュートです。

エラーコード「C26」の表示だったので基盤に問題があるようです。

エコキュートを開けてみると このような感じです。
右上の部分が基盤部分になります。
01db1772dec2521a1895596d48a3c9d9097b722dfd.jpg

天井から吊るす感じで基盤が付いています。
右側面には開口があります。(何の為にあるのか?)
01feef83bbc53c4bc0685d7e960ff015fe0d649c12.jpg

この形状だと基盤が雨の跳ね返りや湿気でやられそうです。
もう少し、雨を防ぐカバーを付けたら良いのに。
雨の多い北陸は 雨の少ない地方より 故障は多いんでしょう。
寿命も短くなるでしょう。

同じような構造のエアコンも 室外機の基盤が壊れたという事で
新しいものに入れ替える事が良くあります。
小改造すれば もっと長持ちしそうですね。
素人考えですが、実験する価値はありそう。

タンク部分を開けてみるとこんな感じです。
断熱材をもっと強化すれば、もっと効率は上がるはずですね。
チューニングしてみたくなりました。
019445705085bbece3e95e7328485ed7720eebc142.jpg

こちらは、今回の修理代です。
基盤を交換すると5万円ほどです。
エコキュートをあと5年は使いたいと思いますので、修理しました。
これがエアコンだったら、新しいものに入れ替えですね。
01fc22911773ff0a7d2062712c6f8d75415e425b52.jpg

エコキュートの寿命は12年から15年と言われますが、
上手く使えば、結構長く使えそうです。
基盤の劣化を抑えるのが最重要でしょう。
塩害の起こる地域でも 基盤の保護が大事な気がします。

今回はウチのエコキュートが壊れてくれて とても勉強になりました。
ブログのネタにもなったしね(^^)/

PS:低周波を抑えるチューニングもできそう!

カテゴリ :設備機器 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫