FC2ブログ

いくつかのHMが倒産するかも

 2020-07-14
CONCEPT建築設計の業績を知りたい方は
帝国データバンクなどで調べてみてください。(^^)

最近、取り引きを開始された業者さんによると
「調べさせて頂きましたが 全く問題ありませんでした!」との事でした。
良かったです。(^^)/

020708SUKUSYO (1)

この有効な業績データですが、
今年に入ってからの住宅業界の急激な落ち込みは 反映されていません。
住宅会社に製品を納めている業者さんは 倒産のリスク回避の為、
情報収集に力を入れているようです。
連鎖倒産は御免ですからね! 

コロナウイルスでの業績悪化は当然ありますが
その前から消費税増税の影響が出始めていました。
今年の1月、2月から急激に受注を落としたHMはいくつもあります。

どう言ったHMが業績を落としているかと言うと
「高気密高断熱&高耐震への移行にためらいがあったHM」
だと感じています。

それと、「営業の社員をしっかり 育成できなかったHM」です。

内見会を頻繁に開催し、クオカードをばら撒き
お客様を集客しても 会話がまともにできない営業が多く
話はそこで終わりになってしまうケースが多いようです。

Q:こちらのハウスメーカーさんでは C値はいつもどのくらい出てますか?
A:えーと、分からないので 上司に確認してまいります

Q:こちらのハウスメーカーさんでは UA値は0.50くらいですか?
A:えー、北陸にそこまでの断熱性能は要りますか~?

Q:こちらのハウスメーカーさんでは 耐震等級2は取れますか?
A:えー、そこまで要りますか?今まで大きな地震はなかったしこれからも・・・。

と言った、呆れた会話をさせられる事が多いようです。
それでは、受注は取れないでしょうね。

当事務所では、わたくしが最初の打ち合わせをさせて頂きます。
初回の2時間で できる限りの情報をお伝えし 質問にお答えしております。

本当にヤバい会社はいくつかあります。
前年比の受注マイナス70%のHM、建材屋が取り引きを辞退したHM、
情報誌が取り引きを辞退したHM、採算度外視受注を始めたHM、
夏のボーナス0円で冬も0円が確定のHM・・・・など。

本当に お気を付けください。
倒産に引っ掛かったら とても面倒ですから。

CONCEPT建築設計は 来年3月着工分の受注を確保するために頑張ります。(^^)/
(おかげさまで、60%は予約で埋まっております。)

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スタッフ(一級建築士)募集中!

 2020-07-10
スタッフ(一級建築士)募集中です!

CONCEPT建築設計は 設計事務所ではありますが
給料はハウスメーカー並みです

ボーナスが出ていないハウスメーカーもあるみたいだし
転職を検討してみたらどでしょう(^^)

PS:一級建築士の資格は必要です。
カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

オリジナルTシャツをプレゼント!

 2020-07-09
オリジナルTシャツをプレゼントいたします!
コロナ第一波も乗り越えられましたんで。

建築中の施主様と OB施主さんに対してのサービスとなります (^^;

01ed4a0713cae010b0e5ba4aeed055beddeedab6d4-001.jpg

サイズは4種類
 キッズ120cm(ダークブルー、ピンク)
 キッズ140cm(ダークブルー、ピンク)
 大人L(ダークブルーのみ)
 大人M(ダークブルーのみ)

「Tシャツもらえるんですか?一つください!」って
スタッフに言ってください。
喜んで差しあげますので。(^^)/

私生活で着てもらえたら ありがたいですね。
QRコードも実用になっていますので 事務所の宣伝にもなります。
(わたくしのブログに飛ぶようになってます)

PS :
 極めて合理的なツールだと思います。コスト的にもほどよい。
 一緒にニコニコと話せるネタがあると嬉しいですよね~。

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

水面下のプロジェクト

 2020-07-06
01be57946c2ed60bad4f88496250528e606c147677.jpg
対ハリケーン、対ミサイル攻撃 半地下シェルター装備

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

温熱環境の専門家を信じすぎないで

 2020-07-04
本日、クライアント様と間取りの打ち合わせをしました。
前回の打ち合わせはスタッフが行っているので 
久しぶりに図面を見ました。

子供部屋の間取りを見て「なんでこんなに窓が小さい!?」と思った。
クライアント様とスタッフに話を聞くと、
温熱環境の専門家である松尾氏がYouTubeで
「1面あたりの窓は0.5㎡以下にすべき」と言っているから・・・と教えてくれました。

でも、そんな小さな窓の子供室は 快適では無いですよね。
天気のいい日でも 照明を点けなくてはいけない、
外の風景も見えない、納戸のような閉塞感のある部屋になってしまいます。

014fccb54e52e52101b44db40208573fd4dc20e3c1.jpg

本当にそんな事を言っているのか YouTubeでチェックしてみた。

確かに、こんな風に説明されていました。
01ea860af1fff4b372514d31355f2c1b24c76000d9-001.jpg

ただ、LOW-Eの採用を勧めていたりするので
サッシのレベルは樹脂複合サッシのペアガラスぐらいを想定して
説明しているのだと思います。
ちなみに、トリプル樹脂サッシはダブルLOW-Eが標準になっています。

窓を少し大きくするのを 例外扱いにするのはどうかと思います。
アウターシェードは効果がありますが 
色々と面倒なので室内側のブラインドでも良いと思います。

わたしは保温室みたいな家には住みたくない。
重要なのは「バランス」です。

こんなコメントもありました。
南面は遮熱LOW-Eではなく、断熱LOW-E(日射を積極取り入れるタイプ)を使って
パッシブにしましょうと言う提案です。
01089b172c938b62d8e1ba8ef497b8025a166bf509.jpg

温熱環境に詳しいお客様はこれを実践しようとされます。
実際に採用した家も2棟ほどあります。

でも、自分が家を建てる場合は 絶対に採用しません。
全面の窓を遮熱LOW-Eにします。

日射取入れ型のLOW-Eは なんの抵抗もなく日射が通ります。
ただのガラスと同じような 日差しが入ってくるのです。
LOW-Eの価値が感じられません。
保温に関しては熱線反射ではなく 空気と充填ガスで行えば良いんじゃないでしょうか。

日射取入れ型のLOW-Eを使った場合、南中時は太陽高度が高いので問題ないですが
夏の 6:00~10:30 と 14:30~18:00 の太陽高度が低い時間帯は
アウターシェードなどで日差しをコントロールする必要があります。
日差しをガンガンに取り入れてしまいますので。
自分だったら、その時間帯にアウターシェードを使用するのは嫌です。
外が見たいし、外と繋がりたいです。

また、
日射取入れ型のLOW-Eは冬に日射を取り入れて
暖房器具の消費エネルギーを減らすのですが
北陸は冬の日射量は少ないので あまり意味がないですね。

温熱環境の専門家の意見は一般論を言っているのであって
それをベースに エンドユーザーや設計士はアレンジする必要があります。

ただ、松尾氏が言いたいことも分かります。
大手ハウスメーカーなどが性能をあいまいにして
日本に性能の低い住宅をまん延させてしまったことに対する怒りでしょう。
そのお気持ちは分かります。

YouTubeにアップした時点で批判も覚悟だと思いますので
がっつり書かせて頂きました

日本に本当の高性能住宅を普及させるために
松尾さん、お互いに頑張って行きましょう!
面識はございませんが

いつかお会いして話をする時が来るかな?
自分はマイナーだからそれは無いか~(^^;

まあ、北陸で頑張ります。


PS :
 一応言っておきますが、わたしってデザイン系の設計士なんです。
 性能だけを追っている訳ではないんです。
 なぜかこんな感じになっていますが (^^;

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫