fc2ブログ

建築費は「11%」高くなりました。資材の高騰が原因です。

 2023-06-04
タイトルの通りです。

資材の高騰により 建築費は11%ほどアップしました。

「えっ、その程度なの?」
と、思われる方も多いかもしれませんが
頭を使って価格を制御していますので その程度です。
また、CONCEPT流分離発注ですと 価格高騰分に事務所の利益は載せませんので
割安感があると思います。

価格制御の一例をあげてみましょう。
当事務所は年間受注棟数が 35棟程度あります。
このくらいの数があると メーカーや材木屋との価格交渉はし易いのです。
値上げはしょうがないく受け入れますが、その直後に掛け率を含めて再交渉しております。
これがポイントなんです。
また、情報を色んな所から 数多く取り込むのも大事ですね。
合い見積もりは やはり必要なんです。

こんな資料を入手しました。
石川県における令和4年度(令和4年4月~令和5年3月)の確認申請の数です。
CONCEPT建築設計は28棟で37位でした。
ちなみに富山県と福井県でも建築をしていますので 
合計すると36棟ほどになります。

01e6ac00bd793e745d2eacbfc4f2a7ae3e44211aa1.jpg

令和5年度の受注棟数も 令和4年度と同じぐらいになりそうです。
おかげさまで 安定しております。

年間受注棟数は40棟を越えたくないので 36棟ぐらいで丁度良いです。
全てのクライアント様とお話をしたいですしー。

全ての面で頑張りますので
よろしくお願いいたします。(^^)/

PS:
 一桁の受注棟数のビルダーとは 仕入れ価格で差をつけます。
 サッシや 設備機器や 木材や 地盤改良や 太陽光は安いですよ!
 それに、当事務所の利益は少ないですよ!(^^;

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「CONCEPT建築設計 標準仕様」です

 2023-05-29
R5年6月版「私の住みたい家」の仕様書をアップいたします。

「住宅業界は腐っている」と言われないように
当事務所は「スペックの数値化」と「性能の文面化」を進めております。

01d2b99868ab6cabec647815bb6954d52c844af7de_20230529223713e00.jpg 

この仕様書をプリントアウトして 他社(ハウスM。設計事務所)に是非お見せください。
そして、書いてある内容について 全部説明してもらってください。
おそらく無理でしょうけど。0136b69be20829ee74e53b784a3b9c402710d24f53_20230529223715e88.jpg

ハウスメーカーと言うものは 
・とりあえずの間取り図
・オオザッパな見積り書
・情報量の少ない仕様書
だけで「工事請負契約」を求めてきます。

こんな「契約もどき」が 怪しい住宅業界では当たり前です。
(ただ、当然ながら 解約となるケースも多い)

「スペックの数値化」と「性能の文面化」を
うちの事務所が コツコツとこれを進めて行けば
いつか、競合他社も同じ事を やらない訳に行かなくなるでしょう。
そうすれば、少しは「まともな業界」になるかも知れません。

家づくりを成功させるには「数値化&文面化された仕様書」が必要です。
そして、しっかり質問してみる事が大事です。
是非とも 私の作った「ベンチマークの仕様書」を活用してください。
よろしくお願いいたします。(^^)!

PS:
当事務所の場合は 
・1級設計士が3回程度作った「仮の間取り図」
・35ページほどの詳細も掛かれた「見積り書」
・スペックや詳細が掛かれた「仕様書」
を提示して契約を行います。(土地の絡みで急ぐ場合)

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

10月14日(土)に「佐藤実さん」を講師に迎えます!

 2023-05-24
CONCEPT建築設計が主催する スペシャルな講演会の第2弾は
「佐藤実(構造塾)さんを講師に迎えた講演会」です。

日程は10月14日(土)の午後です。
会場は野々市駅近くの交遊舎ホールの予定です。
(今回も入場料は無料です)

こちらが佐藤実さんです。
(ホームページから写真を拝借いたしました。)

01d20f7c6812750bf1e8fd24f4c19d3e18aebd7fd6.jpg

佐藤実さんの著書「楽しく分かる 木構造入門」です。
紙媒体と電子ブックを持っています。
01361ebb924d2d996d1315b67860d0d0593a9bc63b.jpg

内容をちょっとだけご紹介いたします。
015fc7608d8602de62687116a7603e736dabe5aa40_20230524230305b96.jpg
N値計算は 平成12年から義務化されました。
それ以前の住宅には ホールダウンは施工されていません。(基本的には)
01cef58b8bf15d8b31c2540622b6bdc9c0bd8238b7_2023052423030134c.jpg
普通(4号特例)の住宅って 構造計算はしてないし、
耐力壁が満たされているかさえも チェックされていないんです。
設計士と材木屋の良心を信用する感じです。
25年前までは確認申請の時にチェックされたんですが、
それ以降はノーチェックとなりました。
代わりにシックハウスのチェックが始まりました。
011e71a35432e87593cf931fef82b5d4c6542f8dbf_20230524230303b8d.jpg
4号特例の廃止は 一般的な施主様にとっては良い事だと思います。
費用は掛かりますが 「耐震性能がまともな家」となります。

ウチの事務所にこちらの本を常備しておきます。
ペラペラと見てみて興味を持たれたら 是非ご購入下さい。
家を建てようとしている知人の方に 差し上げるのも良いかもしれません。

それでは、講演会をお楽しみに!
一番楽しみにしているのは自分かも知れないですが(^^; 

PS : 
 ご契約の決まったクライアント様に
 「楽しく分かる 木構造入門」か「エコハウスのウソ2」をプレゼントしても良いかな。
 欲しい方がおられたら ためしにスタッフに言ってみてください。

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「住宅業界は腐った業界」ですか!同感です

 2023-05-24
最近、瀬山さん(せやま大学、Be-Enough)と言うお名前を
ちょこちょこ聞くようになりました。

そこで、インスタでフォローし、YouTubeもチェックしてみました。


言っておられる事は、正しい事が多いです。
(当然、違うな~と思うところもありますが)

塾のカリスマ講師のような、大泉洋さんのような
聞き取りやすいトーンで テンポの良いトークです。

この動画で言っておられる
「住宅業界は腐った業界」と言うのには 私も同感です。

瀬山さんは 「ぶっちゃけ、お金もうけの為に会社を起こした」と言ってますが、
本心は違うと思われます。

見ている人の気を引く為に 批判を覚悟で言い切ったのでしょう。
おそらく、本心は
「自分の考えたシステムが 世間的に認めらるか試してみたかった。
 成功するのか 試してみたかった。
 自分の実力を試してみたかった。」
だと思います。

ちょっとどうかな?と思った点は
・構造に関しては基準が弱いと思う
・延べ床面積で金額を出しているので 工務店は苦労するかな
・施工面で工務店は知識が必要かな(基礎断熱のあたりは)

お時間がございましたら、是非「せやま大学」をご覧ください。
大事な知識が付けられるかもしれません。

見て疑問に思った事を 私に質問して頂いても良いと思います。
よろしくお願いいたします。(^^)!

PS:住宅業界は腐った業界の解説は また今度にいたします

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「住宅検査カノム」さんの出演されたTV番組です

 2023-05-18
住宅検査カノムの長井代表が 欠陥住宅の調査をすると言うTV番組のコーナーです。

01beb0772286bdadbc8388445f5cbe76327bae77da.jpg

↓ こちらをクリックすると 動画が見れます。

https://locipo.jp/creative/6732b13f-37fe-4d71-96a9-7c13dbf05c7b

こちらは6/15まで 見る事ができるそうです。

講演会で長井さんが語られていたように
大手ハウスメーカーでも欠陥住宅はありえます。

ツーバイフォーで有名な某大手メーカーは 
壁を壊して確認したところ 合板への釘打ちが不足していました。
うっかりレベルでは無く、大工は初めてで施工を理解していないレベルでした。

木造在来の某メーカーは サッシの施工が悪く下枠が下がってしまい
クレセントが掛からなくなりました。
サッシメーカーは非を認めて直そうとしましたが
ハウスメーカーは「非を認めるな」とサッシメーカーに圧力をかけて
「問題はありません」言い張っているそうです。

構造計算を通すために 荷重想定を小さくしていたり
色々な怪しい事をしています。

長井代表が来場者に行った言葉
「ハウスメーカーのホームページやチラシに書いてある事は
 ウソがかなり多いので信用しないでください」
それは・・・わたしも同感です。(^^;

次回放送の欠陥住宅は 石川県が本社のビルダーらしいです。
(石川県民としては残念です)

PS: CONCEPT建築設計は しっかりした家を造る為に学び続けます。


カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫