FC2ブログ

「日射遮蔽型Low-E」を選ぶべきです

 2019-08-08
パッシブハウス(冬期は日射を利用して家を暖める家)を志す設計士は
南側に日射取得型Low-Eを選びがちである。

でも、自分だったら あえて「日射遮蔽型Low-E」を選びます。

0103c53985d879148cf130fb5832555f407a4272c5.jpg

日射取得型Low-Eは ほとんど熱線を反射しません。
Low-Eが入っていない単板(1枚)ガラス並みに 熱線を透してしまいます。

これだと、夏の朝と夕方の日差しはかなり室内に侵入します。
夏ではない、6月や10月も日差しにより かなり暑く感じと思われます。
常にブラインドを下げて 日差しをコントロールするのも なんですしね。

折角のLow-Eなので 私は「日射遮蔽型Low-E」を選びます。

机上の理論よりも 実際の使用感を重視して設計したいと思っています。(^^)

PS :
 チークの無垢フローリングは とりあえず売り切れました。
 でも、再入荷するらしいので しばらくお手頃価格のチークFが使えそうです。(^^)
 

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

使ってはいけない商品

 2018-11-19
こちらは使ってはいけない商品
「サッシの給気ガラリ」 
です。

スクリーンショット 201811191

いまだに この商品を採用するハウスメーカーは多いと聞きました。
採用する理由は コストが安くつくから!です。

当事務所の設計のように専用の給気口を付ける場合は 
材料費・取り付け費・防水工事費・ウェザーカバー費が掛かります。
一か所 15000円ぐらいコストでしょう。
それに比べ、このサッシの給気ガラリの価格は半分以下です。

手間が掛からすコストも安いです・・・・が
これで給気している人は少ないです。
なぜならば、窓の結露を誘発させるからです。
スクリーンショット 201811193

排気は洗面所と浴室とトイレに24時間動かす換気扇をつけ
給気はこのサッシのガラリで行うとしましょう。

冬にサッシガラリを「開」にしてカーテンを閉めたらどうなりますか?
冷気はカーテンとサッシの間に溜まりますね。
室温が21度あっても、カーテンと窓の間の空間は10度ぐらいに下がります。
つまり露点も下がるので、間違えなく結露します!

そして、結露の原因がサッシのガラリだと気が付いた人は
ガラリを閉じてしまうのです。
これでは、給気と排気が成り立たなくなりますね。

だから、これは使ってはいけません。
(これに関しては 言い切ります。)

ハウスメーカーの技術者は しっかり結露について考えましょう。
施主さんに突っ込みを入れられる前に!

PS:
こんなものを使っていて 
高気密高断熱を語るHMがあるとは 
家を建てる予定の方は 見抜いてください!

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ハウスメーカーが樹脂サッシを作ってるらしい

 2017-11-09
先日、三協アルミさんが営業にいらっしゃいました。

トリプル樹脂サッシとエクステリア建材について商談しました。
前から聞いてみたい事があったんですよねー。(^^)

0176a2316b00b14462bbab2fb123e878a3dfc17efe.jpg

とりあえず、聞いてみました。

フィリピンの一条工務店の敷地を借りて 樹脂サッシの工場を作ったと聞きました。
トリプル樹脂サッシが欲しくなった一条工務店さんに対して
三協アルミさんがOEM供給するために工場を作った。
そう想像したんですけど あってますか?

回答
「実は、トリプル樹脂サッシを製造しているのは一条工務店です。
 それを三協アルミがOEM供給を受けています。」

なんと!
想像していたのと逆でした。(^^;
ハウスメーカーがサッシメーカーに商品を供給する・・・・
なんか嫌ですね。

もともと、シャノンの樹脂型を使って
一条工務店さんが自社用の樹脂サッシを製造していました。
その流れで、ついにハウスメーカーがサッシメーカーに
サッシを供給するようになったわけですね。

樹脂サッシの断面も空気の部屋数が少なく 昔からあるシャノン風ですね。
樹脂型を少しいじって トリプル用にしたようにも見えます。

私としては、ハウスメーカーが製造したサッシは ちょっと使いたくないですね。(^^;

三協アルミさんも 自社でトリプル樹脂サッシを作る計画があるらしいので
そちらに期待したいです。
是非、生産は日本国内でお願いいたします。(^^)

がんばれ、三協アルミ!

PS:
 フィリピンで納税しないで、日本で納税しましょうよ!
 たとえ税率が高くとも!

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

耐熱ガラスが採用しやすくなりました

 2017-10-12
APW330の防火窓に 耐熱ガラスが標準OPとして追加されました。

東京では耐熱ガラスが普及しているので 
アミ入りガラスと大した価格差もなく採用できていました。
その事はメーカーさんにも言っていたのですが
北陸では案件が少なく価格はいまいちでした。

でも、ついに耐熱ガラスは普及する時が来ました!(^^)/

IMG_0247(1).jpg

価格は網入りガラスとほぼ一緒です。
型ガラスは無いので 網入りガラスとなります。

防火窓はYKKがLIXILより強いですね。

IMG_0248(1).jpg

サッシも日々進化していきます。

CONCEPT建築設計は 情報の早さで勝負いたします!(^^)/

PS: 断熱ドア「イノベスト」掛け率も安くしてくれる事になりました。


カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トリプルの入り値が安くなります

 2017-10-12
現在、トリプル樹脂サッシは4社から選んでおります。
YKK、LIXIL、シャノン、クレトイシと言ったメーカーです。

今年に入ってから 1社が価格を少し安くしたので
シェアが80%ほどになってしまいました。(^^;
(本当は50%ぐらいが理想です)

先日、もう一社が来所されまして
「シェアを取り返したいので、卸値を数パーセント下げます!」
と宣言して行かれました。

しつこく価格交渉をしているわけでもないのに
ありがたいことです!(^^)/

やはり、全棟にトリプル樹脂サッシ(準防火地区は除く)を採用!
と言うのはインパクトがあるんですね。
当事務所のシェアをがっちり取りたいと思って頂けているのは
ほんと、ありがたいです。(^^)

そういえば、
YKKさんが木目(外側)の樹脂サッシを発売されました。

今まで無かったので、面白いと思います。
北陸で本物の木を使うと下枠が腐ったりしますので
樹脂で雰囲気を出せるのは良いと思います。

IMG_0245(1).jpg



IMG_0246(1).jpg

是非、APW430にも採用をお願いいたします。(^^)



カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫