FC2ブログ

日射取得型ガラスではありませんが

 2021-02-16
M邸にいる時にちょっと実験しました。

日の当たっている所と 陰になっている所で
温度差はどれくらいになるのか?を調べます。

01f5f30996a8567475f21fab4ceb6a21705f2f4cd0.jpg

このサッシは 
トリプル樹脂サッシの日射遮蔽型ガラス(ダブルLOW-Eで日射を遮る)です。
日射を遮蔽するガラスとしては最高レベルの製品です。

それでも、日射の力は偉大で3.6度の温度差が付きました。
写真は取れなかったのですが 最終的には4.5度の温度差が付いたのです。
日射遮蔽型のガラスを使っていても、ブラインドなので日差しのコントロールは
必要となります。
01fdd45a3f5c9186a31b4ede67273bbf686318ab06.jpg

日射取得型のガラスを採用する場合は 当然温度差は大きくなります。

実験用のガラスは入手しましたが まだ試験体を製作できていないのです。
早く作って実験したい。
日射取得型のガラスを採用したことはありまして
その時の体感では10度以上差がついていました。

ガラスの特徴を理解してから 選択してくださいね。
日射取得型のガラスを採用する時は くれぐれもご注意を!

ちなみに、当事務所の2021モデル棟は LIXIL製エルスターXを採用。
クリプトンガス入りガラス(樹脂枠の中空層にウレタン断熱材充填あり)の
ちょっと良い仕様のトリプル樹脂サッシです。
コスト的には通常のトリプルより15%ほど高いですが価値はあります。

モデル棟は「遮熱能力」に力を入れております。
だって、風景を楽しみたいです。
出来ればブラインドを降ろしたくありません。

「家」の目指す性能には 多様性があっても良いと思います。
是非「目指したい家」について ご相談ください。
設計士が 対面でご相談に乗らせて頂きます!

PS: 2/22より 設計士が一人増員となります。楽しみです。(^^)

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

APW430防火窓のバリエーション

 2020-03-27
準防火地域で使用可能なトリプル樹脂サッシ「APW430防火窓」が
発売になりました。

見積りを依頼してますが 価格はいくらぐらいで出てくるでしょうか。
防火窓は既に高価なので、
トリプルだからと言ってそんなに高くはできないと思われます。
見積りを期待して待ちましょう。

窓のバリエーションはこちらになります。

019f41590a5ddabbb00035520d4e4b34574bb76ce9_00001.jpg0114420be469a85f08ba22b465d9728951794de65b_00001.jpg

販売実績を作りたいのでしたら 430防火窓も
「CONCEPT建築設計向け特別価格」でお願いしたいです。
YKKさん、よろしくね!(^^)

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「APW430防火窓」いよいよ発売!

 2020-02-28
速報です!
「APW430防火窓」がいよいよ発売されます

2/28になったらブログに書いても良いそうなので
早速書かせて頂きました(^^)/

0126a40b2f814f2ed20052bae619d02478af177c2b.jpg

耐熱ガラスはセンターに入っています
それをアルミスペーサーで挟んで 火災時に脱落を防止しているんですね
価格はいくらになるか不明ですが(まだ積算できないので)
売れる価格設定で出してくると思われます

なかなか~YKKさんも攻めてきますね!
頑張って売っていきましょう(^^)/

PS:早くイノベストの掛け率を下げてください!お待ちしてますよ~

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「日射遮蔽型Low-E」を選ぶべきです

 2019-08-08
パッシブハウス(冬期は日射を利用して家を暖める家)を志す設計士は
南側に日射取得型Low-Eを選びがちである。

でも、自分だったら あえて「日射遮蔽型Low-E」を選びます。

0103c53985d879148cf130fb5832555f407a4272c5.jpg

日射取得型Low-Eは ほとんど熱線を反射しません。
Low-Eが入っていない単板(1枚)ガラス並みに 熱線を透してしまいます。

これだと、夏の朝と夕方の日差しはかなり室内に侵入します。
夏ではない、6月や10月も日差しにより かなり暑く感じと思われます。
常にブラインドを下げて 日差しをコントロールするのも なんですしね。

折角のLow-Eなので 私は「日射遮蔽型Low-E」を選びます。

机上の理論よりも 実際の使用感を重視して設計したいと思っています。(^^)

PS :
 チークの無垢フローリングは とりあえず売り切れました。
 でも、再入荷するらしいので しばらくお手頃価格のチークFが使えそうです。(^^)
 

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

使ってはいけない商品

 2018-11-19
こちらは使ってはいけない商品
「サッシの給気ガラリ」 
です。

スクリーンショット 201811191

いまだに この商品を採用するハウスメーカーは多いと聞きました。
採用する理由は コストが安くつくから!です。

当事務所の設計のように専用の給気口を付ける場合は 
材料費・取り付け費・防水工事費・ウェザーカバー費が掛かります。
一か所 15000円ぐらいコストでしょう。
それに比べ、このサッシの給気ガラリの価格は半分以下です。

手間が掛からすコストも安いです・・・・が
これで給気している人は少ないです。
なぜならば、窓の結露を誘発させるからです。
スクリーンショット 201811193

排気は洗面所と浴室とトイレに24時間動かす換気扇をつけ
給気はこのサッシのガラリで行うとしましょう。

冬にサッシガラリを「開」にしてカーテンを閉めたらどうなりますか?
冷気はカーテンとサッシの間に溜まりますね。
室温が21度あっても、カーテンと窓の間の空間は10度ぐらいに下がります。
つまり露点も下がるので、間違えなく結露します!

そして、結露の原因がサッシのガラリだと気が付いた人は
ガラリを閉じてしまうのです。
これでは、給気と排気が成り立たなくなりますね。

だから、これは使ってはいけません。
(これに関しては 言い切ります。)

ハウスメーカーの技術者は しっかり結露について考えましょう。
施主さんに突っ込みを入れられる前に!

PS:
こんなものを使っていて 
高気密高断熱を語るHMがあるとは 
家を建てる予定の方は 見抜いてください!

カテゴリ :サッシ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫