FC2ブログ

ワザと小さく描いたら詐欺じゃないか

 2021-03-07
先日、3人のスタッフと飲みに行ってきました。
その3人はハウスメーカーから来たウチに来た設計士です。

雑談の中で わたしがこう言いました。
「Sハウスって わざとベッドの長さを1600mmで描いてくるんだよ。
 一般的な長さは2100mmぐらいあるのに。
 故意だからほとんど詐欺だよな!」

スタッフAが言います
「自分はベッドの長さを1800mmで描かされてました」
スタッフBも言います
「自分もベッドの長さを1800mmで描かされてました」

わたしは思いました。
住宅業界って、相変わらず腐った業界なんだな・・・・と。

4.5帖の部屋にシングルベッドを実寸で描くとこんな感じです。
クローゼットの折れ戸が狭くて使いずらい・・・。
01134a41381292de3147d56bd7021f2cc684a6ed2c.jpg

ハウスメーカーの設計士は 会社の方針に合わせて悪い事もします。
自分の意志だけでは決めれない事が多いのです。
ベッドを小さく描くのが「営業テクニック」だと思っている人もいます。

リビングのソファとTVの距離も気にするように言っています。
下は「これはやめろ!」と言っている距離感です。
0104b3966b44e3210e9ffaf27f31d9fe8385834303.jpg

ソファとTVをこの距離で描くと プランニングはとても楽です。
近すぎると気付く施主さんは少ないですね。

ウチに来て間もないスタッフは この距離でプランを描くこともあります。
それに対しては このように指導を入れます。
「短辺3640mmのリビングで こんな家具配置はないだろ!
 65インチのTVを置いた場合、目元からの距離は2000mm~2200mmは
 TVを楽しむには近すぎる。
 あと、ローテーブルを置いたら 足元がかなり狭い。
 TVボード前もかなり狭くて使いづらい。
 CONCEPT建築設計では この距離感は認めません!」
と言った感じで。

ハウスメーカーと言う物は分業化されています。
良い面もあれば 悪い面もあります。
悪い面としては 分業化されたために 一人一人の責任感が足りません。

それはハウスメーカーにいた頃の自分にも当てはまります。
経営者や営業の あまり良くない方針にも 合わせていました。
受注をあげ利益を出すのが第一でしたから。

CONCEPT建築設計に在籍すれば 詐欺まがいの仕事からは解放されます。
設計士として プライドのある仕事をしてもらえれば良いのです。
(受注数が落ちないようにするのは私の役目)

他社の間取りを見せて頂だけたら 全部解説いたします。
他社の見積りに関しても 全部解説いたします。
是非、わたくしの能力を試してみてください(^^)

PS :
 本当はわたくしお絵かき系の設計士なんですけどね~
 探求心と好奇心が強烈なので こんな人間になりました・・(^^;

カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

参考にどうぞ!ボツ間取り

 2021-02-23
採用されなかった間取りです。

間違えなく快適な間取りなので アップしておきます。
参考にどうぞ(^^)

010b18585a492d9caac1cda0018dc01892740d550f.jpg

家事動線を重視しています
リビングから庭を眺めれます
明るく開放的です
風を流せる窓配置です
耐震性能は確保しやすいです
無駄な廊下はないです
家具はきっちり配置できます

真剣にプランニングするとなかなか疲れます。
全ての要素をクリアさせなくてはいけませんから。
ハウスメーカーの営業や なんちゃって設計士もプランを描きます。
でも、それを見ると完成度は低いです。
色々としっかり検討すべき事が欠落しています。

当事務所の間取りは 「まともな設計士」が作ります。
それが当たり前なんですが ハウスメーカーは違うところも多いようです。

プランニングは経験が豊富で IQの高い設計士に任せるのが良いと思います。
IQは結構重要なんです(^^)

カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

手描きのエレベーション(^^)

 2021-01-19
手描きのエレベーションです
色付けは2色だけ(^^)/

最近は平屋風の要望が多いです。
3寸勾配ののびやかな屋根が好きですね。
011b0e88156023a98e27b180b3bb34b38a475b0209.jpg01bcf4e78fc6a67ca72ab5856fbfbb8452700bace0.jpg014e4ed5d1791a03145fc9c9f0d79244aaf9fdf810.jpg

BOX型の家は個性を出すのが難しい
これはガラスを多く取り入れたデザインです
0120f9165bcbc524b2f39754c5da89830f4029becc.jpg0187b06df32702d4ba96fa50de208f3248bd9e972e.jpg

わたくしのデザインで拘っているのは「バランス」です。
自分なりの黄金比があるので それを意識して描いています。

お絵かき好きに引退はありません。
一生、描き続けるでしょうねえ(^^)


カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

パースを仕上げているのは私です

 2020-07-03
当事務所の松中設計士がプランニングしたS邸です。

個人的には なかなか好きなデザインです。
屋根の角度が良い感じ。
窓が大きくデザインのアクセントとなっている。
もちろん室内は明るく、解放感もあるでしょう。
飽きの来ない設計事務所らしいデザインだと言えます。

01701c1e2bdb9b67a2c8600749b9a2f2f73f2e92e9.jpg
S邸は60坪を越える完全2世帯の住宅です。

松中がプランニングし、CADオペレーターが入力し、
そして、わたくしがパースに立ち上げ、手描きを加えて温かみを出しています。
わたくし、実務が好きなので やっちゃいます!

01ec561d9607948c9de2952a5f452b5c9c17e26b38.jpg
少し手描きを入れないと 奥行き感が出ないんですよね~

もし、松中にデザインしてもらいたい方がおりましたら 言ってください。
基本デザインを松中にさせて、現場監理を別の設計士にさせる事も可能です。

7月は建て方ラッシュになりそうですが 手分けして頑張ります。
よろしくお願いいたします。

カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

「がっかり間取りをつくらない!」

 2019-10-22
「がっかり間取りをつくらない!」って いいテーマですね。(^^)

012df5a785c6329d727e38d728351096d8e7f67b92.jpg

最近、間取りを営業が描いて持ってくるハウスメーカーが 増えているようです。
「契約して頂いたら、設計が間取りを描きます!
 それまでは営業がプランを作って(再利用)きます。」

そんな程度の間取りと 50万円/坪×40坪=2000万円のザクっとした見積りで
契約を交わしたいと・・・・
私だったら嫌ですね。

本当にちゃんとした設計士にプランニングさせるの?
あやしいと思いませんか?
その程度の間取りで契約してしまう ゆるい施主さんに
エース級の設計士を出す必要はないでしょ!と考えると思います。

エース級の設計士を出すのは、高額の家を建てるお客様であり
こんな事を言うお客様に対してです。
「設計士がプランしてくれないの?舐めてるね、他で建てるわ!」

施主としては、このくらい言っても良いんじゃないでしょうか?

最近、営業がプランを持ってきた会社を上げましょう。
・Oホーム 営業がCADで大雑把な間取りを描いてきます。
・Tホーム 営業が手描きで上手くない間取りを描いてきます。
・Uホーム 営業が使いまわしのようなCADの間取りを持ってきます。

これらのハウスメーカーのプランを見せて頂いた場合、
ダメな点をじっくり解説いたします。
そして、私の描いたプランと比較して頂きます。

01437f2d877e794e90a5cefa0765bc9d23b6c62144_20191022162115d70.jpg
この立面は 4分あれば描けます(^^)/

ちなみに設計士が描いてきたプランに関してもコメントします。
・S社 プランに慣れた設計士がかなり雑に描いてきます。
    たぶん営業に頼まれて「めんどくせーな!」と言いながら書いている気がする。
・S社 プランに慣れた設計士が描いているんだが
    ソファとTVの距離感がおかしい。空間ももっと広がりを持たせてほしい。
・C社 設計士が手描きにマーカーで綺麗に色を塗って仕上げている。
    絵的には好感が持てるが、マーカー塗りは時間の無駄では?(昔は王道でしたが)
    寸法線を描いていないのはダメですよ。施主さんが理解できないから!
・Sハウス 多分設計士が描いている。
      毎回、ベッドを小さく描くのはやめてくさい。
      長辺1.6mは小さすぎでしょ。

とりあえず
「間取りは設計士が作るもの!営業の間取りは拒否します!」
と言いきりましょう。 
良い間取りを作るには まずはそれからです!(^^)

PS:
 CONCEPT建築設計を競合に加えて頂ければ、
 間取りの質が上がるんじゃないかな。

カテゴリ :プランニング トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫