FC2ブログ

この「文字」は凄いよ!

 2019-07-10
先日、飲みに行った居酒屋さんの「文字」が凄かった。

オーナーシェフが手描きしたそうなんだが
「デザイナーか!」って言うぐらい 美しい文字でした。
01ad63a866619177e9c3108861650eafe8dbecf55b.jpg

設計士のような「8」の字の書き方。
「と」と「の」は見やすいように小さく描いてる。
丁寧で綺麗な文字だ。

こんな文字を描けるシェフなので
料理も丁寧で 味も美味しゅうございました。
シロの串焼きも丁寧に焼いてくれました。(^^)

また訪問して、カウンターに座り、シェフとおしゃべりしたいですね!

店の名前は~ あとで調べておこう(^^;

PS: 好きなお店が また一つ増えました。(^^)

カテゴリ :食べ物ネタ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

食べ物ネタ 駅近くでも良い店あるね

 2018-01-24
白子の石焼き(^^)
(昆布の上に白子が乗ってます)
これは酒が進みます
01d9511471058d2daa9e995088a97d1d54fff76188_20180124181256ebd.jpg

北陸に住む最大のメリット
「美味しい食べ物が無数にあり 発見するのが楽しい!」

PS:カワハギのたたき(肝もあえてあります)も おいしゅうございました。



カテゴリ :食べ物ネタ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

スカモルツァは美味いね

 2017-03-07
週の初めからなんですが
スカモルツァチーズを焼いた料理は 美味いね!(^^)

1-01eca0ed68d52d520627b60f8cef153a86374928f4.jpg
左がチーズ、右がガーリックトースト

「お手頃価格なんだけど美味しい料理を探す事」
それが人生の目標とも言えます。

これは、家の設計でも一緒です。
高くて良いのは当たり前ですが、安くても良いものはあるのです。
それを、これからもずっと探し続けます。

だれか一緒に探しませんか?(^^)
(と、言ってみる)

PS:ちなみに これはラフォレスタさんのスカモルツァでした。(^^)


カテゴリ :食べ物ネタ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本海のサバは刺身でもOK!らしい

 2017-02-01
日本海のサバは刺身でも食べれるそうです。

日本海側のサバは 内臓にアニサキスは付くらしいですが
身にはアニサキスが付かないそうです。
ちなみに太平洋側のサバは身にもアニサキスが付きます。

この前、TVで見て知ったんですけどね。

関東で食べたシメ鯖は酸っぱいぐらいシメ具合です。
それと比較すると、金沢のシメ鯖はほとんど生ですね(^^)

1-01443b7896a1330273ce336079b67f4b8f2e33cc32.jpg
あまりシマっていない鯖は 甘みがって とてもおいしい!(^^)

北陸に来た際は 是非「シメ鯖」をご賞味ください。
お勧めです。(^^)/

PS :
 生でもシメ鯖と言って出す寿司屋もあるそうです。
 普通の人は寄生虫を怖がりますからね~。

カテゴリ :食べ物ネタ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

橋本裕之の酒場放浪記 学芸大学編

 2016-08-17

実家のある「東急東横線 学芸大学駅」の東口でお店を開拓しました。


駅から徒歩1分のところに見かけないお店が!

気になったので とりあえず覗いてみることにしました。(^^)

1-01683bf224fdbd18ab2d4b87cb6c3c22cfdd2188e1.jpg

お店には50歳代と思われるシェフとホールの女性がおり、

4人掛けのテーブル2つと カウンター席のこじんまりとしたお店です。

美味しいものを食べさせてくれそうな予感がしました(^^)


イタリアンなのに この名前!

「えびす」と読むそうです。

1-010b81e7ab930e340a53e23677146fe6897a11d116.jpg


タテ看板のメニューは一般的でした。

もっと、酒好きをそそるメニューを書けば良いのに~

味噌漬けクリームチーズとか!ゴルゴンゾーラニョッキとか!

1-010a39bf546e67947acfa548c3421e4786d5424060.jpg


家族5人で行って来たのですが リーズナブルでなかなか良かったです。

シェフと会話できる距離感も良かったです。

また行きたいですね。


学芸大学駅で1店舗 開拓成功です!(^^)


PS :CONCEPT建築設計もこじんまり感を大切にしています(^^)/


カテゴリ :食べ物ネタ トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫