fc2ブログ

窓を開ける必要はない!給気口の開度を上げよう

 2022-02-02
最近、スタッフが窓を数か所 大きく開けている。
オミクロン対策だと思われます。

でもさ、換気システムが効いていて室内は負圧なんだよね。
そんなに大きく開ける必要は無いんだよ!と窓の開きを少しだけに調整。
それが下の写真です。
017e9a73e8f0519d7d5f6c13d353451e6161a46517.jpg

このくらいでもフレッシュエアーは充分入ります。
0187bfe69fcd64f7c7221798dc4943a7bcd6468e44.jpg

でも、後で考えてみたら、窓を開ける必要なんてない事を思い出した!

ダクト式第3種換気システムなら 普通の状態でも空気の入れ替えは確実に行われます。
給気量を増やしたいなら 給気口の開度をマックスにすれば良いだけです。

ニュースなど窓開けを推奨しているのは レベルの低い通常の住宅を想定しています。
まあ、窓を開けても換気を確実にできるとは思えませんが。

高気密高断熱(まともな換気計画のある)住宅は
約10か所の給気口から新鮮空気を取り入れ
汚れた空気は建物内に10カ所ある排気口から換気システムに集められ
まとめて建物外に排気されます。
オミクロンがどうのこうのではなく COやCO2、そしてホルムアルデヒドなどを
しっかり排気する設計になっているのです。

このように 給気口を全開にして換気をします。
014c7681fa0a94a3e030ac073d9c364b53daab3243.jpg

新事務所のカミアラヤベースは 窓を開けずに暖かく働けます。
私たちにとっては これが当たり前なんですよ。
私は「豊かな生活ができる家」をもっと普及させたいです。

出来る範囲で頑張ります。
よろしくお願いいたします。(^^)

PS :大きめの家に ダクトレスの第三種はダメですよ~。

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

給気口から入る冷気ってどんなもの?

 2022-01-06
第三種の給気口に否定的な設計士もいますが
メンテが得意でない方には良いと思います。
実はわたくしもメンテは好きではありません。
(する時はガッツリやるんですが 毎年はやりたくありません)

第三種の給気口と言っても色々あるのです。
海外製品 or 国産製品
自然給気 or 電動ファン給気
流入量の調整機能の有無で快適性はかなり違います。

今回ご紹介するのは
海外製品の 自然給気の 流入量調整付きの フィルターチュウニングあり
です。 

CONCEPT建築設計社屋「草屋根の事務所」にて
 UA値0.55程度
 外気2.0℃ 室温23.5℃

サーモグラフィーで計測
給気口カバー 20.2℃
流入空気(一番温度の低い所) 13.3℃
ブラインド表面(一番温度の高い所) 25.0℃
015f1bb9839772ff5df1ea457657e4a29a7ddf34ac.jpg
誤差もあると思います。
2台のFLIRで測定しましたが 温度差はありました。
感覚的にちょっと温度が高く出ているのは ウェザーカバーの形状によるものかもしれない。

サーモグラフィーだけに頼るのもなんなので
switch boto の温湿度計を貼り付けてみました。
室温が23.5℃とは言え 温湿度計の示す温度が高い。
なんか良すぎる。(理由は不明)
給気口直下の温湿度計はあえて貼り付けを避け 台の上に載せました。
01dd69bd328754a7bb8bfb1b354cc8cfd15a7ad1a8.jpg

非接触温度計でも測ってみました。
カバーの上の赤いレーザーポインタが見えますか?
18.3℃程度はあるようです。
01a7cc35fe1b2190d986d6e90d0b526818332f2e5b.jpg

給気口直下の壁面温度21.6℃
01ab6d818709f8f66549754a7642853b98716dd0ef.jpg
この製品は安いやつです。

こちらはそれなりの金額の非接触温度計です。
レーザーポインタは出ないのですが 狙って計測すると壁面で21℃でした。
010c4a5494d2b0763e8bd233098af72b9b261300a8.jpg

右側の壁面は22℃。
やはりそれなりの温度はあるようです。
0189d28aefb65600d80853b74a5a90dae0cbb33892.jpg

ジェイベックの給気口
国産の給気口とは ちと作りが違います。
01fb393a81f2aa2cb8eb8d141ce6cae8da81a1daa4.jpg

シャッター式で空気の流入量が調整しやすいです。
無段階調整に近いです。
01f6aa838c218aea53fb40eb5247709770006eab1c.jpg

本体カバーの裏にウレタンの断熱材が付いています。
結露対策ですね。
010521b2c4ce49d65933967311037bc22d5fc4c8e6_00001.jpg

フィルターです。
標準品は捨てて 東洋アルミ製のアレルブロックフィルターを採用しています。
これは良いと思うんですよね!
冷気をまろやかにしてくれている気がします。
コバエの侵入も防ぎます。
019720a032d1108f48e184e171d8a34adf451177af.jpg

今回、温度測定に使った機器達です。
FLIRのサーモを2台と 非接触温度計を2台
それと switchbot の温湿度計です。
誤差がどの程度あるのか知りたかったので これだけ導入してみました。
0191ca3cd5c242e4f7a782512e11a42e027df8a354.jpg

技術優先の設計事務所なので これぐらいは普通にやります。
いろいろと研究に力を注ぎますので
今年もよろしくお願いいたします!(^^)

PS :今回は数値が良すぎます。理由を調べてみます。

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

お勧めの「給気口用フィルター」

 2021-02-16
第三種換気システムの給気口です。

前にも同じような事を書きましたが、もう一度書きますね。
もともと付いているフィルターは
コバエの侵入を食い止める事ができません。
フィルターの目が粗いのと、位置が室内側により過ぎているのです。
また、寒い時、このケースの一部が結露するようです。

018a5ba88008e089e24607e4b3fcd08d4096ff3720.jpg

これらの問題点の対策としてお勧めなのが このフィルターです。
花粉やは排気ガスの侵入も抑えるそうです。
01875a4a2f1472694ae83049330fffbe851fcb458e.jpg

カーマホームセンターで400円程で販売中。
純製品よりはるかに安いです。
01d177dc4f779b47240038dfe071f8116c6ffcb320.jpg

ミシン目が入っており その片方だけ切り落とします。
枠より少し大きめになったフィルターを押し込んで、
中央にあいている穴には 端材を詰め込みます。
01f8a6e08bbf7b4c2c179674c9399deed9bda247da.jpg

このような感じで 仕上がりました。(^^)/
これで、かなり改善されると思います。

是非、お試しください。

PS:
 最近、北海道でも第三種換気システムに戻りつつあります。
 第一換気システムのメンテナンスを しっかりできる人は少ないですから。
 
カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ダクトによる暖気の送風実験 実験継続中!

 2021-01-29
セラミックヒーターの温風をどこまで飛ばせるか!
を実験中です。

015a840a2ec834689ceb3433b4c97765805205201a.jpg
ロックウールを乗せて消音できるか試します

ダクトの途中に温度計を設置。
熱の減衰はどのくらいか調べます。
01235e438051fe4f26b0b0bfc16d94c6189482fdb5.jpg
ダクトの素材も検討中です。
少し温度が漏れる方が良いような気がする。
ダクト周りは暖かくて快適です。

結構、温度をキープして温風が届いてますね。
0111d1e97319fa84ca810380e7a788446b3ac91197.jpg

早くカミアラヤベースで実験したいです。
カミアラヤベースの建て方は

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

かっこいい名前「カウンターアローファン」

 2021-01-29
「カウンターアローファン」を入手しました。
なんだかカッコイイ名前ですね!(^^)

この筒の中にファンが2つ入っていて それぞれが反対の向きに回ります。
それにより送風の圧力が増すわけですね。
今回はあえて直径100mmを試すことにしました。(150mmも検討しましたが)

01eb9aa5a55a1e64eed1c93f9591e44fe63eac5644.jpg

これに電源コードとスイッチを簡易的に付けてもらいます。
この製品はモデル棟「カミアラヤベース」で採用するつもりです。

動作中の騒音も測りたいのと、遮音方法について研究したいと思います。
レポは こちらのブログにアップしますね。(^^)

カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫