FC2ブログ

脳梗塞の発生件数

 2007-11-30
190225 003

年間15000人の方が脳梗塞や心筋梗塞などの原因で 自宅に居る時に亡くなっています。
かつて、北海道は発生率が最も高かったのですが 住宅の高気密高断熱化が普及するにつれて大幅に改善されました。今、その発生率が高いのは、あまり寒すぎない地域です。石川県も上位に入っています。

脳梗塞などが発生するのは、浴室やトイレが非常に多いようです。
最近は暖房付のユニットバスも増えてきたので 随分暖かくなりました。しかし、トイレの暖房は難しいようです。一日中、暖房をしておくわけにいかないし、暖房器具を設置していてももったいないから使わなくなる。

そうすると、やはり高気密高断熱化が必要でしょうね。(個人的な意見です)

実際、高気密高断熱住宅に住んでいますが 知られていないメリットがいくつかあります。
お風呂から出て湯冷めをすることが無い。頭髪が乾いていなくても、急に冷えることが無いのです。
飲んで帰ってきて リビングのソファーで寝てしまっても風邪をひかない。暖房は24時間トロトロ動かしています。たとえ玄関ホールや廊下、トイレで寝てしまっても風邪をひかない可能性は高いです。

私の実家を来年建替えるのですが、高気密高断熱住宅にする予定です。
脳梗塞や心筋梗塞の危険性を出来るだけ排除して 両親には健康で長生きをしてもらおうと思っています。 

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://conceptad.blog.fc2.com/tb.php/10-7fae9f2f

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫