fc2ブログ

測定結果 C値=0.11c㎡/㎡

 2012-11-08
11月6日、「Koi-House」の気密測定を行いました。

測定の結果は

 隙間相当面積 C値=0.11c㎡/㎡

当事務所としての最高数値を更新しました。

IMG_2022.jpg
今回も福田温熱空調さんに気密測定を行って頂きました。

IMG_2023.jpg
1回目の測定で最高の数値を記録しました。
そのため気密測定は10分で終了しました。

数値的には「サッシの隙間がある限り これ以上数値を上げるのは難しい」というレベルです。

当事務所では数値よりも快適性を重視していますので、
この建物も引き違いのサッシが9ヶ所ほどありました。
一般的には、数値狙いの場合、引き違いのサッシはなるべく使わないようにします。
なので、設計した本人がこの数値に驚いていております。

それと、サッシの気密性能はかなり向上していますね。
細かい部分の改良が数値に表れています。
ちなみに今回はYKK・プラマードⅢという樹脂サッシを採用しています。

家を建てる際は、ぜひC値も比較してみてください。
それぞれの「性能住宅に対する思い」が見えることでしょう。








カテゴリ :Koi-House トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫