FC2ブログ

木材価格の上昇が始まってます(東京オリンピックの影響)

 2015-01-16
先日、東京に行った時に 建築関係の友人二人と飲みました。

東京オリンピックに伴う建材の価格上昇が始まっているか聞いてみました。

返答は 「木材は2割上がったよ!」 でした。

コンクリートと鉄筋・鉄骨、型枠大工の工賃が上がっているのは聞いていましたが、
木材やベニヤも上がっているそうです。

1-IMG_5718_20150116112343883.jpg

仮に構造材とベニヤが2割上がったとすると
250万円が2割上がるとすると 50万円高くなったと言う事になります。
2000万円の家の消費税2%より大きい金額です。

資材が不足すると金額があがり、納期が見えなくなりますので
これから先がちょっと怖いです。

断熱材、プラスターボード、電気の配線材が順番に上がっていく事でしょう。

 2020 東京オリンピック
 2019 オリンピックの会場やインフラの完成(もちろん企業や個人の建物の完成も集中)
 2018 電気の配線材、ビニルクロス、銅材、鋼材の不足
 2017 鉄筋・鉄骨・コンクリートの不足、消費税の駆け込み需要と重なる
 2016 大型建築物の地盤工事着工ラッシュ
 2015 関東では一部の材料の資材価格がアップ、地方での価格アップはまだのよう

個人の住宅は できれば2016年の7月までには着工したい。
それ以降、オリンピックが終わるまで 資材価格は落ち着かないのではないでしょうか。
と、予想します。

この事を理解し タイミングを合わせて新築しようとする従兄弟もいれば、
全く理解してくれず お金をためて5年後にキャッシュで家を建て直すという親友もいます。
別にあおっているわけではなく、
実家の建築が北京オリンピックと思いっきり重なり、
ものすごく影響を受けた経験から言っているのです。

家を持ちたくなった時が建て時です。
でも、建ててはいけない時期は存在します! ^_^;

PS :
 スイス・フランがとんでもない事になっていますね。
 日本に影響が無い事を祈ります・・・・。





カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫