FC2ブログ

トリプル樹脂サッシは過剰性能ではない!

 2016-01-19
自分用のサーモグラフィーを入手したという事で
さっそく実験をしてみました。

こちら、シャノン製のトリプル樹脂サッシです。
ガラス表面は22.2℃
ギャラリー内の室温は24℃です。
1-01506c11a12d6531b86abc78f9a2462bdeea7d008a.jpg

樹脂枠は17.8℃ 
ガラスより温度は下がります。
樹脂複合サッシはここが弱いんですよね。
1-0183e6ce5c832a1807884bc34ca429b8910c9334ba.jpg

ちなみに外壁面はきっちり熱を蓄えています。
ちなみにダブル断熱の仕様です。
1-0108022dea293b879385cdb559d505abdc4b66e419.jpg

第三種の給気口周りを計ってみます。
外気が流入してきますので 樹脂のカバーは18.2℃ほどでした。
1-01a1610869775b1d49f00c3841b31009bcbbc7ea20.jpg

基礎部分は19℃
40mmの外張り基礎断熱ではこの程度です。
室温よりも5℃低い感じです。
やはり、土間の断熱性能は落ちますね。
1-01e7c1aedc21ad1edc52644bd67db62c84b66666b4.jpg

良心的ではあるが知識の足りない設計士はこう言います。
「北陸でトリプル樹脂サッシは過剰性能でしょう、
 ペアの樹脂サッシぐらいで充分だと思います。」

体感したり、サーモグラフィーで見たりしないと なかなか分からないからね (^^;

価格も安くなり、動きもスムーズになり、バリエーションも増えました。
建築費の0.9%程度の投資でペアがトリプルになるのです。
採用しない理由はないでしょう!と思います。

一緒に「少し未来の家」を考えましょうよ。(^^)

PS :
 「技術屋に相談したい!」と言う方は是非おいでください。<(_ _)>

カテゴリ :サーモグラフィー トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫