FC2ブログ

軒の出が少ないのは地域性ですか?と聞かれて

 2016-01-21
こんな質問を受けました。
「軒の出が少ないのは 石川県の地域性ですか?」

大阪から2年前に金沢へ来られ 新築を考えられている方からの質問です。
ちなみに建築の知識をかなり持たれている方です。

1-012f21406d8962569349d2835476072346a6302b05.jpg

いや~
実は地域性にまったく合わない施工方法なんです。(^^;

雨が多く雪も降る北陸では 軒が出ている方が間違えなく「良い」です。
これは、建築関係の経験を積んだ方は同じ意見でしょう。

なぜ、軒が少ない家が増えてしまったか。
それは。

①首都圏では土地が狭く、斜線制限が厳しいです。
 なので、軒を小さくした方がギリギリまで土地を活用できます。
 雨も少なく、特に冬は雨が降りません。
②その軒のないデザインに魅かれた県内の若手建築家が そのデザインを採用。
 それがウケて雑誌でも取り上げられます。
③それ見た施主さんが軒のないデザインを普通の工務店にも要望し、
 建売業者もそのデザインを採用。
④そして、現在に至る。

軒を出さないデザインだと 資材費と施工費で20万円は安くつきます。
限られた予算の場合はありがたいですね。

ただし、外壁のメンテナンスは早い時期に必要となります。
特にサイディングの場合は凍結と雨にやられますので・・・・・(^^;

こちらはウチの塀です。
1-01f7de55e7ec488e6e1de009ebeef0a85bb9592351.jpg
水切りのために 上部に石を張っていますが、それでも伝い水が多いです。
なので、ドロドロに汚れてしまいました。
厚みのある塗り壁仕上げなので 凍害からは逃れています。
せめてもの幸いかな(^^;

CONCEPT建築設計では、軒の出た家をお勧めしております。
他社と比較するときに、この辺もチェックしてみてください!

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫