FC2ブログ

気密測定は問題点を探るために!

 2016-03-25
3連休は従弟の家の打ち合わせで 栃木県まで出張しておりました。
バタバタしていたので、ブログは久しぶりの更新です。

1-0139601dd4f519dd6c6fbcdaa66e3358bb2aa0e3a3.jpg

3/23 エボニスタⅡの気密測定を行いました。
結果は C値0.15c㎡/㎡
四捨五入して 0.2 が正式な数値となります。
なんとなく、この建物形状からすると 物足りない数値です。
そこで、室内を負圧にして「問題点探し」を行いました。

室内を負圧にすると、風の流れが感じられるので弱点が分かります。
今回は玄関ドアに問題が発見されました。
丁番の調整を試みたところ、3つあるうちの2つが固く締まりすぎていて
ビスを緩めて調整することができなかった。
結局、ここから空気がかなり漏れていたのです。
今後、同じことが起こらないように改善してもらいます。

1-011e2c0fed313b9868feda9d63a5edb9faa5b03ea1.jpg

ビスさえ調整できれば 0.1c㎡/㎡は確実だっただけに残念ですね。

今回は自社店舗だから妥協しますが、
クライアント様の家では間違えの無いように頑張ります!(^^)

PS :
 今日、石川県で最もシェアを取っているHMが気密測定をするはずです。
 建築コストを抑えるためにグラスウールと気密シートでの施工なので
 スペック的には0.8c㎡/㎡ぐらいでしょう。
 でも、今後はスペック勝負になりますので その数値はどうなんでしょうか。
 やはり、性能の高い家は「良心的な中規模の工務店」「良心的な分離発注の設計事務所」でしか
 実現は難しいと思われます。






カテゴリ :気密測定 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫