fc2ブログ

住宅業界における「営業力」とは

 2016-05-20

先日、当事務所で使用しているCAD関連の商品発表会がありました。


今回は手書きしたプランが3Dに立ち上がるという

営業向きのツールの展示説明会でした。

1-01dc4eed612e020da48307f0b5de0e891bffbb3a53.jpg


ハウスメーカーへ提案したところ反応は良く

すでに富山県では シェアが上から10社(地元ビルダー)のうち5社が採用を決めたそうです。

これを使えば 受注力がアップすると 皆さん考えているんですね。


1-012e36dec69f063a1cb6142c7be247ff5612378947.jpg


金額はともかく、面白いと思いました。


しかし、当事務所の受注までの進め方とは ちょっと違いますね。

契約を急かさず、話を勧めますから。


初めてお会いしてから このような流れで進めます。

①当社の家の説明をします。そして質問して頂きます。

 今まで見てきたハウスメーカーの感想もお聞きします。

②手書きのラフプランを描いて要望をくみ取ります。

③プランを数回作り直します。

④プランが大体まとまったら 概算見積りを提示します。

➄概算見積りと仕様に納得頂けたら契約を行います。


契約に至るまで2か月は掛かりますね。


お客様が じっくり考えられるようなペースで進めるのが 好きです。


じっくり進めますが受注率は高いので

営業力は高いと思われます。


良かったら体感しに いらしてください (^^)


PS:

ZEHやHEAT20の知名度が上がってきたら 技術者がお客様に対応せざるを得ないと思います。

すべての質問に対し、的確なアドバイスをできる技術者ですね。

営業と言う職種の仕事は 限られてくるのでは ないでしょうか。 


カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫