FC2ブログ

外壁の通気層から給気って

 2018-11-20
クライアント様から こう言った要望がありました。
「ウェザーカバーを見せたくないので、こういった納まりにできませんか?」

えー! (私の声)

高気密高断熱を得意とするHMには ありえない納まり(^^;

016e097dc4b1876b09339abd0340667003d4dbf3f0.jpg

どう考えても、給気が足りなそうな納まり。
夏の通気層内は50度近い温度だし。
雪が積もったら空気が流れませんね。
強めの防蟻剤を使ってたら入ってきますよね。

ちょっと気になったので 裏を取ってみました。

まず、ガデリウスさんに問い合わせた回答です。
「通気層から給気する方法を取っているHMさんも 数社いらっしゃいます。
 当社が勧めている工法ではないので
 HMさんの自己責任と言うことで」
気になったリスクを伝えてみましたが、
どうこう言える立場ではないので、自己責任でお願いしてます
との事でした。 

そして、福田温熱空調さんにも聞いてみました。
「そのやり方はダメです。
 自分がソラーサーキットの担当だった時に 同じような事を考えたんです。
 それを専門の大学教授に相談したところ
 空気抵抗があって給気量が足りなくなるから駄目ですよ!と言われました。
 給気口から空気が吸えなかったら、サッシの隙間から空気を吸おうとするからね
 このやり方はダメです。
 通気層の中は暑くなるしね(夏季)。」

福田さんも、自分と同じ考え方でした。 

やっぱり、これが正しいです。
給気は直接 外気を取りいれましょう!
スクリーンショット 20181120 

換気システムについて、日本のHMは結構いいかげんです。
お気をつけください。

PS: いろいろ意見を交わせる仲間がいて 自分は幸せ者です。(^^♪


カテゴリ :換気システム トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫