FC2ブログ

床下に潜ってきましたよ!

 2019-01-19
本日、富山県の床下エアコンの家「H邸」を訪問しました。
そして、家のチューニングをする為に 床下に潜りました。(^^)/

サーモグラフィーを使って、床下の温度分布を確認します。

01c400e2de544069adf1811bba44c6c8e527879f48-001.jpg 

こちらのお客様は今日から
床下エアコンは夜間27度で運転し 日中は25度で運転しているそうです。
夜間はもう少し温度を上げても良い気はします。
ちなみに、夜間28度で運転し 日中は22度で運転している方もおります。

リビング下はこの温度です。
01c2dca98c639b299eeaf30490476ec853de63cb99.jpg01bfadb9251531ea339f13282920275270eae0bdf3.jpg01a574e8f7bebd18ab3d9b116ad3373cd9920dece2.jpg
0129ea7f76f68d9937a1116871458891906a70ba30.jpg

一番、温風が回りにくい場所で このくらいの温度です。
ユニットバスと洗面所付近ですね。
014cfcae49e003094879d8619a8c0e8d3ddd0609fd.jpg

室温が上がらないのは、スリットの数が足りておらず 暖気の抜けが悪いと感じました。
600mmのスリットを2つ増設します。
01bd9dcb50627e95defdc727df58d8d318d4ccadc8.jpg 

床下エアコンの家は 入居してからのチューニングが必要!ですね。
エアコンの使い方も いろいろ試さなくてはいけません。
機種によって 温度センサーなど 結構違いますので。

基礎断熱は 外側と内側(さらに床も一部あり)に断熱材を入れてありますので
熱に逃げは かなり抑えられていました。

床下エアコンを完璧なモノにする為、引き続き研究します。(^^)/

PS:
ダイキンのwi-fi対応エアコンは消費電力が表示されますので
いろいろ試すときには便利ですね。(お客様談)

017377252d21eb6e7276c28e8c5d4168bde6b9773a.jpg 
カテゴリ :床下エアコン トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫