FC2ブログ

建築基準法の1.8倍の耐震性能 それをさらに強化

 2019-04-17
駅西新町で建築中のA邸です

通常でも 建築基準法の1.8倍の耐震性能を持たせてありますが、
さらに制震性能をプラスしました。

01971ed891b9f62ebaac8ecd4a64c7cede49a5e6b6.jpg 
写真では見えておりませんが、制震テープ工法を採用しております。
実際には柱・土台・梁とダイライトの間に挟み込んであります。
お値段は施工費込みで25万円ほどです。
制震用のスジカイよりは バランスよいので効くと思います。

さらに、金物工法を採用しております。
導入コストは28万円ほどです。
01ac6933a753d5f163f6226fb05f688668e714e256-001.jpg

ダイライトの面材耐力壁とスジカイを組み合わせているのが ポイントです。
ダイライトは連続耐震壁面を作れる、耐シロアリ製品である、
気密が取りやすい、湿気の移動を緩やかに調整する、
アイシネンを吹き付ける下地として良い、
と言う特徴があるので採用しています。
他の似たような製品は性能が物足りないので 安いですが使いません。
01c280dbb463c0299214bb8032185c0f016c92655a.jpg

ハウスメーカー(富山県のO社と新潟県のS社)のホームページで
耐震等級についての記述が間違っているものを発見しました。
「耐震等級2は 建築基準法の1.25倍の耐震性能」
と言うものです。
どこが間違ってるかはハウスメーカーの人に聞いてみてください。
きっと答えられない人は多いです。
(あえて解説しません)

是非、カマをかける質問をしてみてくださいね(^^)/

PS:
 耐震等級については国の指導が悪かったんです。
 解釈を間違えるような、言い回しをしたから
 能力の低いハウスメーカーが間違えてしまうんです。

カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫