FC2ブログ

その構造計算、間違ってません?

 2019-11-01
最近、ある会社の構造計算について疑問をもちました。
まさか、その構造計算、間違ってないですよね?

その事例をあげると
①べた基礎と布基礎を併用する耐震等級3の家(ハウスメーカー)
②構造計算を掛けたにも関わらす布基礎の家(設計事務所)

これは、自分の経験上はアウトです。
北陸の場合、積雪荷重も加味するので布基礎だと底盤幅が5000mmとかになります。
(通常は底盤幅500mmです)
べた基礎みたいな形状になってしまうので、
当事務所は布基礎ではなく べた基礎にしております。

017a54f0685664436d3fb73663ddde600c8221cc99-001.jpg

自分の思ったことが正しいのか、
材木屋と構造設計事務に質問してみました。

材木屋は 社内に構造計算をする担当の人がおり、
外注の場合は数社の構造設計事務所に仕事を回しております。
なので、材木屋の構造計算は 複数の設計士が目を通すの安心感があります。
年間に携わる棟数も多く 経験は多く知識があります。
構造計算のソフトも高価なものを採用し、最新バージョンを使っています。

構造設計事務所(昔の同僚)は構造の専門家なので
ソフトもしっかりとしたものを使い、設計した家も非常に多いです。
そして、いろいろなパターンの家の構造設計を経験しています。

0199085bdea5d335b67770917dabba3a2294f97743.jpg

①について聞いてみたところ
・材木屋の回答
  底盤が広くなりすぎて、布基礎では成り立たない。
  べた基礎にしてレベルを下げるしかないと思います。 

・構造設計事務所の回答
  べた基礎と布基礎の併用では 東京の審査機関だったらとおりませんね。
  特に緩い審査機関を通しているんじゃないか。


②について聞いてみたところ
・材木屋の回答
  耐震等級2にしたら布基礎の底盤が大きくなるので
  耐震等級2より弱いもので計算しているのではないでしょうか。

・構造設計事務所の回答
  構造計算を掛けて布基礎と言うのは見たこと無い。
  布基礎は非合理的だから、関東ではほとんどべた基礎です。
  べた基礎風の布基礎も多いかな。(鉄筋量を減らすための手法)

と言う事でした。

私が構造計算についてちょっと心配しているのは

・ハウスメーカーの場合
  緩い審査機関とコネコネになってないか?
  経営者の圧力から逃れるため いけない事をしていないか?
  わざと操作ミスを見過ごしていないか?

・設計事務所が一人で構造設計をした場合
  その構造設計の内容について 意見を言ってくれる人はいるか?
  ソフトの信用性と最新バージョンに更新されているか?
  ちゃんと構造計算を理解しているか?
  経験は豊富なのか?
  責任はとれるのか?
  
仮にセカンドオピニオンとして 別の構造計算事務所に出されたとしても
問題がなければ良いのですが・・・心配です。

構造計算の専門家は こんな事もいってました。
構造と言うものは 構造設計をする人によって 内容は大きく変わってくる。
構造計算のソフトは最新バージョンにするべきで
古いソフトは、古いカーナビみたいなモノです。
(まあ、今の時代にマッチしない所が多いという事ですね。)

当事務所の場合、構造計算は材木屋にお願いしています。
色々な人と話をして 間違えの無い設計をしたいです。
構造計算の費用も安く済みますしね。

という事で、この耐震等級3のハウスメーカーに会うことがありましたら
「この基礎構造で通せる審査機関はどこです?」
って聞いてみてください。
そして、教えて欲しいです。
私たちの考え方が正しいのか 確認したいです。
よろしくお願いいたします。

PS: 
 古いN値計算のソフトを使って計算したため、
 今の基準に適合しないでトラブっている現場もあるそうです。
 怖いですね。
カテゴリ :建築 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫