FC2ブログ

床下エアコンはチューニングが必要

 2019-12-04
本日、M邸の床下に潜ってきました。
こちらのお宅の床下に潜るのは 引き渡し後は初めてです。

基礎の立ち上がりが550mm(GLからは750mm)ある高基礎なので
床下を移動しやすくて助かります。
0134e44094adec52513615fb2d59d40d12db461d22.jpg

床下エアコンの基礎貫通部分です。
外部から発泡ウレタンで気密を取ってありますが
物足りないので内側からもウレタンを充填しようと思います。
010823e20562adee72d66b5bb7fa9c883cf45e849f.jpg

エコキュートからの配管はウレタンとモルタルで埋めてあります。
これは問題なさそうです。
0118bba1aef83dc1ec647aa559c3e63c5ef5bc3229.jpg

施主様が設置されたサーキュレーター。
01fa1118118abeed4c64c2f499f3883ae38ee7c839.jpg

床下からの暖気の上りがイマイチなので 600mmのスリットを2ヵ所増設します。
一つはここに付けます。
01d3910901eb07f141c444db0d38ff74575e6ae84c.jpg

もう一つはここに付ける事にしました。
01b103dcb61d0ccb5aafa2817317df20848b02910f.jpg

これで改善できると思われます。

壁材や床材、天井材に蓄熱させるには
暖房機器は10日ほど連続運転させる必要があります。
これらの素材が熱を蓄えた時に ようやく温度が安定します。

ちなみにK邸も本日寄らせて頂いたのですが
暖気は良い感じで回っておりました。
もう少し寒くなったら 床下に潜ってみたいです。
01ecee8918188a7c3b05bdda5cb9e006cbd6e0d5ed.jpg

いろいろ知りたいので、床下に潜るのが楽しいです。
頑張ってノウハウを蓄積します。(^^)/

PS :
 換気システムの給気口の調整もしてくださいね。
 住む環境に合わせて開き具合を調整してください。
 これは住んだ経験からの アドバイスです。


カテゴリ :床下エアコン トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫