FC2ブログ

補助金はハウスメーカーにとって・・・

 2020-05-20
自分がハウスメーカーの ずるがしこい役員だったら
補助金をツールとして使った 受注数アップ方法を実践しますね。

お客様にこう言います。
「100万円の補助金は抽選になりますが 85%の確率で獲得できる自信があります。
 獲得できなかった場合は当社でその金額を補填いたします。
 ですので、ご安心ください!」
さらに続けます。
「補助金を取るには準備期間が必要です。
 それと、枠数も決まっていますので 早急に手続きが必要です。
 当社との契約も1週間後にお願いいたします!」

でも、本当に補填しますか?

自分だったら、補填の可能性がある100万円を 利益に上乗せしておきますけどね。
600万円の利益を出すところ、700万円の利益が出るように見積りを作らせます。
会社利益は隠されているので好きに操作できます。
補助金獲得の確率が0%でも、100%獲得できると言い切れます。

施主さんも補助金獲得に目が行っているので あせってハンコを押す可能性が高いです。
普通だったら、金額を精査したり、他社と競合させたりすることを
忘れてしまうかもしれません。

どうですか? そう思いませんか?

グリーン化事業の内容です。
020520gg (1)

2年前までは グリーン化事業の補助金を良く取っていました。
しかし、最近はあえて取らなくなりました。

その理由は、
・枠数が減ってしまった。
  ZEHの補助金が始まったこともあり予算が削られて枠数が減少。
  加盟しているグループでは枠数を増やすために100万円をふたつに割って
  50万円×2つ と言う風にしていた。
  設計費も掛かりますので 施主さんにはあまり魅力がない。
・工期がきびしい。
  11月頭から着工して、1月末に完成させなくてはならない。
  こんなバタバタした工期で仕事はしたくない。
  施主さんが、工事中にいろいろ検討する時間もない。

これが、その工期です。
020520gg (2)

こんな無茶な工期でも 補助金を取りに来るという事は
ある程度、補助金が取れない事も想定している。
その時に、会社に痛みが無いように用意はできている。
そういう事です。

ちなみに、完成の工期を国に相談すれば 遅らせてくれることもあるそうです。
でも、年度によって変わってきます。県によっても変わってきます。
担当によっても変わってきます。
長寿型と高度省エネ型でも 対応が変わってきます。
とても、やりにくいのです。(^^;

CONCEPT建築設計の場合、業務報酬を隠さずに提示しております。
その安い業務報酬から補填するのは難しいです。
という事で、
「グリーン化の補助金はあえて取らなくなりました!」
とご説明しております。

ZEHの助成金もしかりです。
詳しい事は雑談でお話しいたします。

補助金は取れなくても CONCEPT流分離発注でかなり安いと思います。
是非とも、総額で比較してみてください。(^^)/


PS:
今までは、私たちに不可能は無い!
という事で補助金も積極的に取ってきたのですが
工期が極端に短いのはダメです。
施主さんにとって 失うものが多すぎます。

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫