fc2ブログ

さすがに「金利」が上がりそうですね

 2022-09-23
景気が回復したわけでもなく
アメリカの金利上昇に伴う円安を抑えるために
いよいよ日本の金利も上がりそうですね。

今回は間違えなく上がって行くでしょう。
それを想定した場合、フラット35の人気が盛り返しそうです。

01ca19c6ea11f6171b559b92b99b27e71df87a8525.jpg

パット見た感じ 金利は1.51%(自己資金が1割ある方)はちょっと高い感じがします。
これには 0.2%の団体信用生命保険が含まれています。
これを外すことも可能なので そうすると1.31%となります。

さらに省エネ性能で一定期間金利を下げる事も可能です。
今年の10月から始まる フラット35S(ZEH)を使えば
最初の5年は0.81% 6年目~10年目は1.06%となります。
これはかなりお得感があると思います。
0170ade06681ef779e713b96bae2ab41e01d434c43_20220923110519d6c.jpg

また、長期優良住宅で フラット35S(ZEH)を採用する場合は
当初の10年間は 0.81%となります。
ただ、長期優良を取るには構造計算も必要となり
申請費や質のグレードアップで70万円は掛かりそうです。
最初から長期優良を取りたい方には すごくメリットがあると思います。

フラット35は 北國銀行や北陸銀行、福井銀行では ほぼ使えません。
繋ぎ融資(工事中の資金用の短期ローン)を貸してくれませんので。

アルヒやSBIのフラットもありますが 分離発注では使いにくいです。

当事務所では「JOファイナンス」を窓口として使う事が多いです。
東京と大阪に営業所がある会社ですが 金沢にもよく来られてます。
フラット35は 置き家具や 家電の資金も融資してもらえるので ありがたいです。

施主様によっては自己資金は手元に残し 借りれるだけ借りる方もおられます。
自己資金は車を買う時に使うのが賢いかもしれません。

フラット35を提案するビルダーは少ないと思います。
当事務所は知識がありますので 気になった方はご相談ください(^^)

PS :
 相続に備えて 家やアパートを建てるのもお勧めです。
 ご両親のどちらかが亡くなった時の相続は軽いですが
 ご両親が両方とも亡くなり 子供に相続となる時は 相続税がかなり重いです。
 そんな相談にも乗れますよ(^^)

カテゴリ :ひとりごと トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫