fc2ブログ

「窯業系サイディング」は北陸に向かない

 2023-11-26
セメントと木チップを基材とする「窯業系サイディング」は
北陸地方や山陰地方には向かない。

冬に雪や雨が降り サイディングの継ぎ目に染み込む
夜に水が氷となり膨張して サイディングを破壊する。

または、サイディングの切り口から水を吸い上げ 凍結により爆裂する。

または、サイディングの表面に付いた雪が夜に凍結して
次の日、太陽光の熱により氷が解け 落下する時に塗装を持って行く。

これの繰り返しにより 窯業系サイディングは破壊される。

こちらは富山の協力業者さんのご自宅です。
築10年程度の木造住宅だそうです。(当事務所の建築ではありません)
013fab7c3a44212c71c01dc62db897e625b17234c1.jpg
このカマボコ状に反ってしまった窯業系サイディングをご覧ください。
光触媒の加工がされたサイディング(金物引掛け工法)の高級品なのです。

こちらの写真は カマボコ状態が良く分かります。
01ab16ab93244c6a7d6e4e61b813200abe49b4ba8a.jpg
この製品はクレームが発生していないか 建材屋に調べてもらった所、
同じクレームが数件ほど発生していました。
製品自体の欠陥(素材、塗膜、断面設計など)が考えられます。
ちなみに、このメーカーの別のシリーズでも 13年前に欠陥は出ておりました。
一流のメーカーなのに。

こちらは、ちょっと前に解体しました 築23年の家です。
0156d0b90780d402386c970582849de7d39f1b03a1_20231126005404c2f.jpg

雪が数日間 載っていたであろう 下屋の上のサイディングの破損です。
0125bab5b52ec241beb1caa35c85541847c93a4630.jpg

釘を打ち込んだ時に 小さなヒビでも入っていたのでしょうか。
釘の周りが破損しています。
サイディングのジョイント部分もやられています。
018ac668c8a2e7285ac9ec3b10952e0958c1f2829f.jpg

サイディングの切り口から水を吸い込んだようです。
コーキングも切れています。
01d7f56b94b5a77bbf38ed76da8b98ef04d8fba8be.jpg

こちらは近所のアパートのサイディングです。
雪の付着しやすい断面形状のサイディングだと思います。
切り口からの吸い上げもありますね。
ここまで損傷が酷くなると 補修で直すのは難しいです。
直しても数年で損傷が始まります。
013abeb531dacf062957514a33cce0a0fbd53b2c96.jpg

コーキングも切れています。
築10年から15年のアパートだと思われます。
01ccae3e045dc53455d5c3be07ac16a871bdbf72c1.jpg

大手ハウスメーカーの建築した 築20~25年程度のアパートです。
サイディングの下端と水切りの間に溜まった雪が原因なのでしょう。
補修では直せないレベルですね。
01f70d2206fa6533471bf99e9d518021b82a1b26f1.jpg

これは別のアパートです。
0174d299ec449da09cf0818c4d0a5253af7aa7ee79_00001.jpg

015f1980a25fee89cac004621de57c5f6dadc5d549_00001.jpg

01d025a42e3bcf61088d443410775f44693af81694_00001.jpg

これも別のアパートです。
雪の載りやすい横リブはダメなんです。
01af9ece7f99fdc92951536b1949a89bf08e9f6b1c.jpg

車で信号待ちをしている時に 家の外壁をじっくり観察してみてください。
損傷している家が沢山ある事に気が付くと思います。

窯業系サイディングはリスクが高いという事を ベテランの現場監督だったら知っています。
でも、その経験と知識が生かされていないハウスメーカーは多いです。
失敗を生かせない 住宅業界のおかしな構造と言えます。

知識と経験のないハウスメーカーの営業は
「サイディングは30年保証が付いてますし 最高に強いです!」
と間違った事を 自信を持って言ってくる事も多いです。
その時は教えてやってください。

窯業系サイディングを標準仕様としているビルダーは多いですが、
本当に信用できますか?
自分は そんなビルダーとは仲良くできません。

PS: 経験も知識も無い人と話をするのは 時間の無駄じゃないですか?

カテゴリ :外壁 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫