FC2ブログ

和の空間

 2010-09-13
Um-Houseの和室は一味違います。

クライアント様が持ち込んだ木材がとてもアクセントになっています。
しかし、それだけではありません。
建材もちょっと変わった物を採用しているのです。

220910a001.jpg
一間の床の間と仏間、それに文机を配置しました。

220910a005.jpg
白竹を2本通し、杉板を目透かし張りにして仕上げました。
杉板は大工さんが供給してくれました。

220910a007.jpg
文机の上には柿の化粧梁が組み合わされています。

220910a011.jpg
竿の中に竹がはめ込まれています。
これは竹六というメーカーの商品なのですが、今回初めて採用しました。

こだわった真壁の和室を造るのには 時間とコストが少々かかります。
でも、実際出来上がってくると「美しいな、一部屋ほしい・・・」と感じます。

完成まで、あと一週間です。
じっくり仕上げます。

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

https://conceptad.blog.fc2.com/tb.php/529-2a2f1ae2

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫