FC2ブログ

外張り断熱の商品検討

 2011-09-06
最近、facebookに力を入れていた為に ブログが疎かになっていました。
また、こまめに更新するようにします。

プロトモデルはダブル断熱を用いる設計となっております。
充填断熱はアイシネンフォームで決定なのですが、
組み合わせる外張り断熱材が未定です。

構造用合板の上に断熱材を張る場合は
不燃材料認定の断熱材で施工する必要があるでしょう。
そう考えると、ネオマフォームFが有力ですね。
ただ、コストは高くつきます。

RIMG0003_20110906021622.jpg
フェノールフォーム断熱材がアルミ箔でサンドイッチされています。
不燃材料認定品です。

いろいろ考えて、何を使うか結論を出しました。
「普通のネオマフォーム+ダイライトMS」
の組み合わせにする事にしました。

その理由はまずコストを抑える為です。
また、ダイライトMSの上に外張り断熱材と胴縁を打っても
外壁の荷重に耐える事ができると分かったので この組み合わせをチョイスしました。
ダイライトで不燃性能も確保する事ができます。

ネオマフォームFは鉄骨造やツーバイフォーの時に採用したいと思います。

徐々にプロトモデルの仕様が決まって来ました。
実行予算も並行して組んでおります。

今のところ、Q値1.5クラス店舗併用住宅型プロトモデルは2100万円程度で行けそうです。
(施工面積40坪+ロフト4坪、消費税込、設計監理+コンストラクションM込)

建築資材にコストの掛る高性能住宅の建築ですが
分離発注方式により無駄なコストは極限までしぼり、低価格を実現します。





カテゴリ :プロトモデル トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫