FC2ブログ

アイシネン施工中

 2012-10-30
10/29~10/31に掛けて Koi-Houseの断熱材「アイシネン」を施工中です。

施工をしているキングラン中部さんとは13年のお付き合いとなります。
現場責任者の水野氏とも、長い付き合いです。

IMG_1977.jpg
アイシネンはカナダの製品です。
A社の水発泡断熱材は中国製です。

IMG_1973.jpg
防護服に身を固めて作業を行います。

IMG_1976.jpg
アイシネンの特徴は、とても柔らかくて躯体に追従していく所です。

CONCEPT建築設計では アイシネンを標準採用しております。
似たような商品も発売されていますが、信頼性でアイシネンを選びました。
類似品は価格的に3割ほど安いですが
いろいろ弱点があり使う気にはなりません。

ちなみに比較しているポイントは
・断熱材の硬度 固いと木の動きや痩せに追従できません。
・気泡の組成 気泡が独立しているアイシネンは水につけても沈まないが類似品は沈む。
・施工の熟練度 アイシネンは職人との付き合いも長く意思疎通が取れている。
・仕上がり 契約よりもかなり厚く施工して頂いています。

類似品の某社は施工をバイト(本業は足場屋)にやらせていたという事実があります。
当然、ひどい仕上がりだったそうです。
それをいまだにオプションとして採用しているNe社やNa社は
この事実をしっているのか?
年間の受注棟数が150棟や知名度の高いハウスメーカーがあえて類似品を採用している。
これが建築業界の不思議な所です。

気になった方はネット上の評判をチェックしてみてください。

施工中の現場見学は常にお受けしております。
お気軽にお声を掛けてください

PS:
石川県のハウスメーカーA社に アイシネンを紹介したのはわたくしです。
設計室に仲の良い友人がおりますので、教えてあげました。
そんな事もあり、キングランさんは「アイシネンの厚み」でサービスしてくれてます。




カテゴリ :Koi-House トラックバック(-) コメント(-)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫